« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

79円75銭突破の前夜

10月30日未明、NY市場終了前の1時間、するするとドル安円高が進んだ。
一時、1ドル=80.37円をつけ、10月25日の最高値を更新した。終値は1ドル=80.39円となった。1ユーロ=112.12円である
10月21日にFRBが、半年で5000億ドルの国債買い入れへ動くとの憶測は織り込み済みであるが、これが10倍の5兆ドルになると話は別で、ドル安が進展するのは避けられない。これを決めるのが、11月2日から3日の会合である。
日銀が円高を阻止するためにがんばっても、それ以上のドル安要因をアメリカが発生させるのですから、ひとたまりもない。
11月の開始と共に、1995年につけた最高値(1ドル=79.75円)を突破し、天井が見えない領域に突入するのは避けられないだろう。
9月に行った日銀による為替介入は、たった1ヶ月半しか、このような事態を先送りする効果しかなかった。当然である。
日本に要因がある円高ではなく、アメリカに要因があるドル安だからである。
今週、アメリカで中間選挙が行われ、オバマ大統領率いる民主党敗北は必死である。
上海万博も終わり、アメリカの選挙も終わる。
世界同時株安というか、ドル安ユーロ安円高スイスフラン高GOLD高という状況が、今後も続くだろう。
9月の日銀介入の際、83円から85円でドルを大量に買ったワタナベ夫人達のなみだ目だな。
わたしは繰り返し言った。「死にたくなければ相場から離れろ」と。

2010/10/31 橘みゆき 拝

<円相場>週明け、最高値突破が視野に
2010年10月31日(日)15時31分配信 毎日新聞

 外国為替市場の円相場は、11月2~3日に開かれ、追加金融緩和の決定が見込まれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、再びドル売り・円買い圧力が高まっている。
29日のニューヨーク市場では一時1ドル=80円37銭まで上昇し、15年半ぶりの高値を更新。週明けの外為市場は、95年4月19日につけた戦後最高値(79円75銭)の突破を視野に入れた展開も予想される。

 外為市場でドル売りが強まっているのは、米国が大規模な金融緩和を実施するとの見方が改めて広がったためだ。
また、10年7~9月期の米実質国内総生産(GDP)が年率換算で前期比2.0%増となり、回復の鈍さが改めて示され、円高・ドル安が進行した。

 ただ、一気に最高値更新を目指す動きになれば、市場は「政府・日銀による為替介入を警戒」するほか、「FOMCという大イベントの直前には、様子見ムードが強まる」(大手行)との見方もあり、円高圧力が抑制される可能性もある。

 市場では仮に米追加緩和が小規模であれば、急速に進んだ円高・ドル安の反動で「ドルが買い戻され、円安になる」(米大手証券)との予想もあり、波乱含みの展開となりそうだ。【清水憲司】

 

【関連コラム】
 『2010年10月22日の大暴落に備えよ』
(2010/09/03)、
 『2010年10月大暴落で生き残る方法』
(2010/09/06)、
 『急速に進む円高株安』
(2010/09/15)、
 『為替介入は失敗するだろう』
(2010/09/16)、
 『希望的楽観論に頼るべからず』
(2010/09/19)、
 『ワタナベ夫人はなぜ負けるのか』
(2010/09/22)、
 『為替介入失敗!1ドル81円台後半』
(2010/10/10)、
 『先送りされたNY市場大暴落』
(2010/10/25)

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

 

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年10月24日 (日)

先送りされたNY市場大暴落

10月18日から24日にかけて、世界経済を揺るがす事件がいくつも起こりましたが、私が予想した『2010年10月の大暴落』が10月22日NY市場でおこりませんでした。

以下にあげたニュースは、ドル安ユーロ安円高GOLD高につながるものと、逆に動くものと混じっていますが、おおむね相場を乱高下させるものです。
キーとなるのは、10/19の中国人民銀行の利上げと、10/21にFRBがさらなる金融緩和を発表です。
この2つの延命措置により、10月22日に暴落してもおかしくない相場情勢が一時的に良くなり、先延ばしとなりました。そうはいっても、そんなに長くない期間なので、もって年末でしょう。

主なニュースを時系列に振り返ってみよう。。。

(1) 10/18 習近平・副国家主席が党中央軍事委副主席に選出された。
(2) 10/19 中国人民銀行が金融機関の法定貸出金利と預金金利の引上げを発表。
 ※この措置で、週末のG20で元の切り上げ要求が弱まった

(3) 10/20未明 中国人民銀行の利上げでNYダウ165ドル安。
(4) 10/20 台湾の李登輝元総統が、尖閣諸島問題について「よその土地」と発言
(5) 10/20 イギリスが今後4年間で 830億ポンド(約11兆円)の歳出削減を目指す戦後最大となる財政再建計画を発表した。
 ※イギリスの破綻が近いことを予告しています。

(6) 10/20 住宅差し押さえ「法の順守を」=米政権が警告、対応協議へ

(7) 10/21 米FRB、半年で5000億ドルの国債買い入れへ
 ※この措置によって、10/22の大暴落発動が先送りとなった

(8) 10/21未明 10/20のNY相場で、円ドル為替レートが 1$=80.84円をつけた。
(9) 10/21未明 10/20、Appleが MacBook Airの新製品を発表した。
  (10/21 シャープが、ノートPCの生産打ち切りを発表)
(10) 10/21 Apple、「FaceTime for Mac」を提供開始。
(11) 10/22 民主党、朝鮮学校無償化を正式に了承。
 ※菅直人は民主党党首選挙で北朝鮮との密約を守った。

(12) 10/22 東京高裁、小沢氏側の即時抗告を棄却。
 ※民主党内部で内ゲバが加速します。

(13) 10/23 ロシアが来年7月まで穀物輸出禁止措置を延期した。
(14) 10/23 東シベリアで油田発見。埋蔵量1.1億バレル
(15) 10/23 武器輸出3原則、緩和方針で一致…民主党調査会

(16) 10/23 南朝鮮・慶州でG20が開催されたが、共同声明に「通貨安競争を自制」としか明記されず。
 ※さらなるドル安円高の進展が確定した。間もなく79.75円を突破する。

(17) 10/24 日銀の資産買入基金が買い取る基準を「BBB格」の社債も対象に
(18) 10/24  内部告発サイト「ウィキリークス」がイラク戦争関連の
   米軍機密文書を公開し、アルジャジーラが特別番組を放送した。

(19) 10/24 日米両政府が、支那への対応を相互に擦り合わせ、戦略協議を強化する方針で合意した。
(20) 10/24 中国副首相、米財務長官と会談。元の切上げを迫る。
(21) 10/24 衆議院北海道5区補選で町村氏当選。
 ※自民党勝利で国会が混乱状態となる。

1つ1つ、とても重い。時代の急速な流れに溺れないよう、足元をしっかり固めておいてください。

いまのところ、ドル安でNY株は高く推移していますが、暴落する寸前にみられるダマシの動きのように見えるので、死にたくなければ、相場から撤退するのがよいですよ。
・・・と、もう1回書いておきます。

支那寄りの民主党政府は頼りにならない。
ならば、現在の政治家ではなく、今は名もないが未来ある若者達に希望を託すほかない。
12月11日から12日にかけて、そういった若者達が台湾に渡るという計画を私は知った。
私は都合により、同行できないのが残念であるが、どうか本メルマガの読者で、私も一緒に行こうと賛同していただけるなら、下記の「台湾夜襲戦隊掲示板」に、参加表明を書き込んでほしい。
李登輝さんとの会談は、歴史に名が残るし、大きな前進にもなる。1人でも多くの方が行くことを願っています。

「台湾夜襲戦隊掲示板」
http://mbbs.tv/u/index.php?id=jyoudou

2010/10/24 橘みゆき 拝

【関連コラム】
 『2010年10月22日の大暴落に備えよ』 (2010/09/03)
 『2010年10月大暴落で生き残る方法』 (2010/09/06)
 『急速に進む円高株安』 (2010/09/15)
 『為替介入は失敗するだろう』 (2010/09/16)
 『希望的楽観論に頼るべからず』 (2010/09/19)
 『ワタナベ夫人はなぜ負けるのか』 (2010/09/22)
 『為替介入失敗!1ドル81円台後半』 (2010/10/10)
 『81円90銭前後で推移中』 (2010/10/12)

G20閉幕、「通貨安競争」回避で共同声明
2010年10月23日(土)20時23分配信 読売新聞

【慶州(韓国)=山内竜介】主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は23日、各国が自国通貨を安くすることで輸出競争力を高め、景気回復を目指す「通貨安競争」を回避することで合意し、共同声明を採択して閉幕した。

 22日に米国と韓国が共同提案した経常収支に関する数値目標の導入については、中国、ドイツなどが反対し、導入を見送った。

 焦点となっていた通貨安競争への対応について、共同声明は「通貨の競争的な切り下げを回避する」と明記した。そのうえで、為替相場の動向について、先進国が「過度な変動や無秩序な動きを監視する」ことを表明した。これにより、先進国から新興国へと資金が急激に流入して、通貨高やインフレなどを引き起こすリスクを小さくすると強調した。

 先進7か国(G7)などが切り上げペースの加速を求めていた中国・人民元問題について、声明は直接言及していない。

 

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

81円90銭前後で推移中

10月11日の為替相場は、東京市場が休みでしたが、早朝、シドニー市場で一時、1ドル=81.37円銭まで円高が進んだ。
だが、為替介入の警戒感もあり、7時には再び82円に戻し、本日は82円を挟んだ狭いレンジの推移となった。
まあ、人民元が1ドル=6.66元台に突入しただけでも、まあ良しとしよう。
どうせ、今月中に、ドル安がもっと進む。
10月22日からはじまる『2010年10月の大暴落』に向けて、滝つぼに向かう川の流れのごとく、日本の都合などおかまいなく、世界の都合で、世界大恐慌に巻き込まれるだろう。

いまのところ、ドル安でNY株は高く推移しているが、暴落する寸前にみられるダマシの動きのように見えるので、死にたくなければ、相場から撤退するのがよいですよ。
・・・と、書いておくか。

【関連コラム】
 『急速に進む円高株安』 (2010/09/15)
 『為替介入は失敗するだろう』 (2010/09/16)
 『希望的楽観論に頼るべからず』 (2010/09/19)
 『ワタナベ夫人はなぜ負けるのか』 (2010/09/22)
 『為替介入失敗!1ドル81円台後半』 (2010/10/10)

2010/10/11 橘みゆき 拝

円、82円近辺=ロンドン外為
2010年10月11日(月)21時0分配信 時事通信

 【ロンドン時事】週明け11日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、日本政府・日銀の円売り介入警戒感がくすぶる中、1ドル=82円近辺で小動きとなった。正午現在は81円95銭~82円05銭と、前週末午後4時比15銭の円安・ドル高。
 米雇用統計の悪化を受けたドル売りの流れを引き継ぎ、11日のシドニー市場では一時81円37銭と、約15年半ぶりの高値を付けた。
ただ、その後はドル買い戻しが入るなどもみ合っており、ロンドンの取引時間帯に入ってからは狭いレンジ内の動きとなっている。
 市場関係者は「介入警戒感はあるが、米国の追加金融緩和観測を背景としたドル売りの流れは変わっていない」(邦銀筋)と指摘。また、この日は東京、ニューヨークの外為市場が休場のため、薄商いの中で値が大きく動く可能性があるとの声も聞かれた。

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

 

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替介入失敗!1ドル81円台後半

本ブログ(水素文明への転換)では、為替相場の動向について、日銀が為替介入する前から、どんどん円高が進んで、菅内閣は権力闘争ばかりして、適切に対応できないと書いてきた。

『急速に進む円高株安』 (2010/09/15)
『為替介入は失敗するだろう』 (2010/09/16)
『希望的楽観論に頼るべからず』 (2010/09/19)
『ワタナベ夫人はなぜ負けるのか』 (2010/09/22)

9月16日行った為替介入により、82円台後半から85円台後半に戻したものの、9月末の中間決算対策であったため、10月になると、再び15年ぶりの円高水準をめざしている。
下手に為替介入をして、お化粧決算をしたために、来年3月末は、より一層、円高が進み、輸出企業にとって、さらに血を流す結果となるだろう。

野田財務大臣も罪な人である。82円が防衛ラインだと言ったばかりに、83円前後でロングしてしまったワタナベ夫人が続出してしまった。
わたしは9月15日のコラムで言った。『死にたくなければ相場から離れろ』と。
投資の最終判断は、みなさま自身が行ったのだから、その結果も、みなさま自身が追うべきである。
とりあえず、言わせていただこう。

夜が明けたら、言葉(ことのは)様が、ワタナベ夫人達を七面鳥焼きにして、大笑いするだろう。

 

Kotonohasama

今日も言葉(ことのは)様は、大活躍です

 

10月08日NY為替市場の終値が、1$=81円93銭であり、9月16日に為替介入を決めた82円92銭の水準から見ても、ドル安円高ユーロ高GOLD高が進んでいて、為替介入は失敗したと判断してよい。
10月08日深夜から09日未明にかけての為替相場の動きをみていると、日銀が何度か覆面介入したが即座に戻すといった動きがみられたので、為替介入もほとんど効果がないといった事態で、文字通り、為すすべもなく、ただ見守るだけの簡単な仕事しかできないので、日本の金融当局は何もしないほうがましである。

週末のG8でも何ら合意も出なかったため、10月11日、日本市場が休んでいる間にも、1ドル80円割れという事態になってもおかしくない。
新聞やニュースをみていると、今回のドル安は、アメリカ中間選挙まで続くとして、11月には円高が止まるというミスリードをしているが、そんなことはない。


アメリカが衰退しているためにドル安が発生して、そのドルを日本が一生懸命支えている構図であるから、日本が先に倒れ、ついでアメリカも倒れるという順番になる。
アメリカが延命するために、公共事業(戦争)をおこしたが失敗して、本国に撤退している状況で、短期的にも長期的にもドル高に反転する要因は見当たらない。
日本は円高メリットを活かすために、産業構造を転換しなくてはならないが、今やっていることは、衰退する産業にモルヒネを与えているだけで、病気は治ることなく、体力もガタ落ちとなって、死ぬのをほんのちょっと延期するために、大金を投じているといったところである。
ドブに捨てる金があるなら、未来を造る新しい産業を興した方が、よほど前向きなのだが、リスクを負わない臆病者達は、何もできないし、何もしないで、ただじっとしているだけである。まるで北マリアナ諸島や沖縄で玉砕した人たちと同じである。

2010/10/11 橘みゆき 拝

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年10月 8日 (金)

どうせ撮るなら格好よく

 Youtubeなどの動画サイトに自分達が撮影した映像を登録できますが、どうせ撮るなら、格好よくいこう!
たとえば、こんな感じで愛車を撮影すると、すごく良い映像になったような気がする。

 


なんちゃってCGTV GT-Rでやってみたけどちょっと失敗www (youtube)

 

ちなみに、1980年代にオンエアされたオリジナル映像はこちらです。

 


カーグラフィックTV-OP (youtube)

 

こういった映像を作るには、撮影する前に、どういう映像を撮るのか決めておき、車の運転者と撮影者との間で、打ち合わせを行う必要があります。
いい映像は、偶然撮れることもありますが、撮影前に綿密な計画を立案し、いいシーンが撮れるまで繰り返し映像を撮ることによる努力の結晶です。
何回か同じルートを走って、良かったシーンをつなぎ合わせます。天気や太陽の向きとかも影響しますので、時間帯を変えた方が良い場合もあります。

映像を作る人間の強いこだわりが、いい動画を生み出す原動力となります。
TVや映画で見る映像が、家庭用ビデオで撮影した映像と比べて、よい出来なのは、そういったこだわりによるところが大なのです。

2010/10/08 橘みゆき 拝

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

日本人知名度ランキング1位はあの人?!


日本人の知名度ランキング @ wikipedia (youtube)

 

Youtubeで見つけた動画で、日本人が何ヶ国語のWikipediaで紹介されているのかを調べてランキングしたものを見つけました。
何人が知っているかではなく、別の指標を使っているのがポイントである。
昭和天皇よりも黒澤明監督よりも多くの言語のWikipediaに掲載されているのは、日本のアニメが、世界中に広まっていることを示している。実にすばらしいランキングなので、私は感動しました。さすがアニキ!!



アニソンメドレー/水木一郎 (youtube)

2010/10/04 橘みゆき 拝

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

 

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »