« エコカー補助金終了の反動が怖い | トップページ | 三大メガバンクに逃げるマネー »

2010年9月11日 (土)

六ヶ所再処理工場の完成が2年延期

rokkasho

六ヶ所再処理工場 (出展:Wikipedia)


試験運転中の事故が連続している『六ヶ所再処理工場』ですが、完成が2年延期となるとのこと。
そのために追加となる設備投資が4000億円必要とのこと。

もんじゅと再処理工場に投下されている何兆円ものお金の一部でもあれば、新エネルギーの研究や、石油に頼らない仕組みづくりができるのに、原子力利権のおかげで、今必要な事業にお金が回りません。

まあ、ものは考えようだ。全国各地の原子力発電所で蓄積されている高レベルの放射性廃棄物が蓄積されていくので、どうにもならなくなる時間が前倒しになる。

時代が進めるためには、犠牲なくして進めない。偽善者が可能だというがそれは嘘だ。
知らずに死ぬより、知ってから死んだ方がまだ納得がいく。それだけだ。

 

再処理工場完成2年延期 日本原燃、トラブル相次ぎ 六ケ所村
2010年9月10日(金)15時25分配信 産経新聞

 日本原燃は10日、試験運転中の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)について、今年10月を予定していた完成時期を2年延期し、平成24年10月とすることを決め、国に届け出るとともに青森県の三村申吾知事に報告した。

 試運転でトラブルが相次ぎ、改善に時間がかかっているため。今後、施設拡張などの資金が必要となるため、4千億円の増資を決定。主要株主の電力10社などに支援を要請する。再処理工場の大幅な遅れは、工程管理の正確性など技術力を売り物にしてきた日本の原発ビジネスにも影響を及ぼしそうだ。

 再処理工場は、全国の原発で燃やした使用済み核燃料から、プルトニウムやウランを取り出して再び使う核燃料サイクルの施設。原燃は、18年3月末に試運転を始め、試験終了をもって完成とする予定だった。

 試運転の期間は当初1年半と見込んでいたが、処理過程で出る高レベル放射性廃液をガラスに閉じこめるガラス固化試験で、溶融炉にれんがが落下するなどトラブルが相次いだ。このため、溶融炉の改修、その後の各種試験にさらに長期間が必要と判断した。

 再処理工場の計画延期は、試運転開始以来9回目となる。

2010/09/11 橘みゆき 拝

Special Thanks to フロアコーティング

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

|

« エコカー補助金終了の反動が怖い | トップページ | 三大メガバンクに逃げるマネー »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/36683290

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所再処理工場の完成が2年延期:

» 家電回収 東京都 [不用品・粗大ごみ・家電の回収、買取、引取り、片付け-エコらく]
≪業界最安値!!!≫ 【便利屋、ゴミ片付け、家電買取、不用品回収、遺品整理の専門】 基本出張料3,150円 即日対応!! 本日12日は午後13時~基本主張料1,000円引き!! 東京都・川崎市で活動中!! お部屋の片付け、粗大ゴミ処分..... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 03:13

« エコカー補助金終了の反動が怖い | トップページ | 三大メガバンクに逃げるマネー »