« 震度6弱以上の地震の長期確率がアップ | トップページ | 北日本は冷夏になる模様 »

2010年5月24日 (月)

もんじゅ運転再開成功

高速増殖炉「もんじゅ」
高速増殖炉「もんじゅ」(出展:Wikipedia)

 

トラブルが連続して発生したため、一時運転中止をしていた高速増殖炉『もんじゅ』ですが、5月23日運転を再開しました。
今後も、小さなトラブルを繰り返して、ハインリッヒの法則よろしく、大きなトラブルにつながっていくんだろうなあ。。
無理に動かさなくてもいいのに。

Wikipediaによると、5月23日を調べると、架空の出来事で『1997年  - 城岩中学3年B組の生徒を対象に行われていた「プログラム」が終了する。(小説『バトル・ロワイアル』)』という記述がありました。
なんとも、意味ありげな日付です。

<もんじゅ>原子炉を再起動 予定より約7時間遅れ
5月23日20時19分配信 毎日新聞 

設備調整のため停止していた高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)は23日午後5時57分、予定より約7時間遅れて原子炉を再起動した。
28日までの試験運転に使う仮設計器の不調などのため遅れた。

日本原子力研究開発機構は、試験工程に影響はないとしている。

 仮設の計器は、原子炉の中性子モニターから信号を受け、炉心の反応度を測定するもの。
22日夜に中央制御室に設置したが、信号を入力する全5回線中4回線が動かなくなった。
今後は残る1回線だけで測定する。


 また、もんじゅでは22日午後8時46分、1次系ナトリウム主循環ポンプ3台のうち1台の出力制御装置について異常を示す警報が出た。
23日午後3時には原子炉補助建物屋上にある「ナトリウム・水反応生成物収納設備」内の酸素濃度が高いとの警報も出た。
原子力機構は、いずれも一過性で問題はないとしている。【酒造唯】

※ハインリッヒの法則
 1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

2010/05/24 橘みゆき 拝

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

|

« 震度6弱以上の地震の長期確率がアップ | トップページ | 北日本は冷夏になる模様 »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/34845112

この記事へのトラックバック一覧です: もんじゅ運転再開成功:

« 震度6弱以上の地震の長期確率がアップ | トップページ | 北日本は冷夏になる模様 »