« まんが日本昔ばなし 「みちびき地蔵」 | トップページ | 今夜のNHKスペシャルは「津波のお話」必見 »

2010年3月13日 (土)

痛み止めでは解決しない

虫歯で歯が痛いとき、痛み止めを処方されることがあります。
痛み止めを飲むと確かに痛みがなくなります。
ですが、数時間経過すると再び歯が痛みます。
痛み止めは、痛みを感じる物質の発生を抑制する(当面の暫定措置)だけで、原因を除去する(根本原因に対する対処)のではないからです。
それゆえ、クスリの効き目がなくなると、再び痛くなります。

では痛み止めは何のためにあるのかというと、根本的な治療を行うまでの時間稼ぎと、それまでの間の体力消耗を減らすのが目的といえます。

昭和時代のように右肩上がりで経済が発展しているのなら、多少ダメージを受けても、時間をかければ、景気は回復しました。
ですが、人口が減少する局面となり、経済が縮小スパイラルになっている現在、かつてうまくいったやり方は通用しなくなりました。
当面の問題を先送りして時間稼ぎをしても、問題は深刻になるだけですから、できるだけ早く対処しなければなりません。
問題を解決する段階で、血が流れたり、責任をとったりしなければならないのです。

痛み止めは、当面の対処としてならばよいが、継続して使うと、体がボロボロになっていきます。
痛み止めを使い時間を稼いでいる間に、原因を探り、迅速に対処を行わないと、手遅れになってしまいます。
当面の痛みが避けられるからといって、痛み止めに頼ってしまっては、本末転倒です。

 

「今井美樹 Piece of my wish 」

 

2010/03/13 橘みゆき 拝

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

|

« まんが日本昔ばなし 「みちびき地蔵」 | トップページ | 今夜のNHKスペシャルは「津波のお話」必見 »

「未来図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/33755988

この記事へのトラックバック一覧です: 痛み止めでは解決しない:

« まんが日本昔ばなし 「みちびき地蔵」 | トップページ | 今夜のNHKスペシャルは「津波のお話」必見 »