« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

三陸海岸に大津波警報が出されました

本日、9時33分、気象庁は昨日発生したチリ地震による津波に関する大津波警報(3m以上の津波が来ると予想される)を発表しました。

気象庁発表大津波警報情報

ハワイなどで観測された津波の高さが、気象庁が予想していたよりも高く、地震の深さが60kmと深かったものの、地震の強さがM8.8であるため、日本にも3m以上の津波が来ると予測した模様。
前回(1960年)に発生したチリ地震(M9.5)では岩手県太平洋沿岸(三陸海岸)に4mの津波が押し寄せ、140人以上の死者を出しました。
今回、青森県、岩手県、宮城県の太平洋沿岸に、大津波警報(3m以上の津波が来る)が出されています。
対象地域に住んでいる方は、津波が到着する前に、早めに高台に避難してください。
奥尻地震のときの津波の際、高台までの道がふさがって逃げられなかった方が大勢いましたので、早めに避難したほうがよいです。幸い、今日は暖かい。

1960年のチリ地震(M9.5)に伴う津波の際、第一波が来て、第二波が来るまで1時間以上の時間があったあため、高台に逃げた人が自宅に戻ってしまい、第二波第三波にのまれた方がいました。ラジオ等で、大津波警報が解除されるまで自宅に戻ってはいけません。
そのため、夜遅くまで外にいても大丈夫なように、高台に避難する際は、飲み物、食料、温かい服装をしっかりした上で、避難するようお願いします。

気象庁のHP:到達予想時刻と予想される津波の高さに関する情報

青森・岩手・宮城沿岸に大津波警報…高さ3m
2月28日9時44分配信 読売新聞

南米チリで27日早朝(日本時間27日午後)に発生した大地震で、気象庁は28日午前9時33分、日本の太平洋沿岸部全域で1~3メートルの津波が発生する可能性があるとして、青森県から宮城県までの太平洋沿岸に大津波警報を発表、そのほかの太平洋沿岸部と島嶼(とうしょ)部、青森県の日本海側に津波警報を発表した。
 同庁では警報が出た地域については、各地の予想到達時間の遅くとも30分前には高台に避難するよう注意を呼びかけている。
また、津波は最初に到達する波が最も高いとは限らず、数時間から場合によっては1日以上、数十分間の周期で繰り返し発生するため、同庁では警報が解除されるまで安全な場所にとどまるよう注意を喚起している。

 同庁によると、高さ3メートル以上の津波が発生し、陸上で甚大な被害が出る恐れがある大津波警報が発表されるのは、1993年7月の北海道南西沖地震以来17年ぶりで、同警報ができた1952年以来、4回目。
 同庁によると、28日午後2時頃から日本列島各地は満潮を迎える上、3月1日は1か月のうちで干潮と満潮時の水位の差が最も大きくなる「大潮」にあたる。

 津波は陸上に駆け上がってきた際、海岸での波の高さの2~4倍の高さにまで及ぶことがあるほか、河川の河口から俎上(そじょう)し、河川の氾濫(はんらん)を引き起こすことも想定される。警報が出た地域については、予想される高さの数倍の高さの高台に避難すると共に、河川の周辺でも警戒が必要だという。高さ2メートルの津波は陸上に到達すれば木造家屋を全壊させる威力があるとの報告もある。

 同庁では27日夜の会見で、日本に到達する津波はおおむね1メートル程度とし、陸上には大きな被害をもたらさない、との考え方を示していたが、各地の観測結果ではマグニチュード8・8程度の地震が起きた際に起きる規模の津波が観測されていることから、警戒のレベルを引き上げたという。

    ◇

 予想される津波の高さと到達時刻は以下の通り。

【大津波警報】
 3メートル 青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県(いずれも午後1時半)

【津波警報】
 2メートル 北海道太平洋沿岸東部、小笠原諸島(いずれも1時)、北海道太平洋沿岸中部、茨城県、伊豆諸島(いずれも1時半)、福島県、千葉県内房、相模湾・三浦半島、静岡県(いずれも2時)、愛知県外海、三重県南部、高知県、奄美諸島・トカラ列島(いずれも2時半)、沖縄本島地方(3時)

 1メートル 千葉県九十九里・外房(1時半)、北海道太平洋沿岸西部(2時)、青森県日本海沿岸、東京湾内湾、和歌山県、徳島県、種子島・屋久島地方、大東島地方(いずれも2時半)、伊勢・三河湾、愛媛県宇和海沿岸、大分県豊後水道沿岸、宮崎県、鹿児島県東部(いずれも3時)、淡路島南部、鹿児島県西部、宮古島・八重山地方(いずれも3時半)、大分県瀬戸内海沿岸(4時)、有明・八代海(5時)、岡山県(6時)

2010/02/28 橘みゆき 拝

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月27日 (土)

沖縄とチリで地震発生

今朝、NHKラジオの6時のニュースは、5時31分に沖縄本島の南東沖を震源とする地震が発生し、その地震速報でした。
糸満市で震度5弱、 震源の深さ:約10キロ、地震の強さはM6.9。中越沖地震くらいの大きさですね。
この地震で津波警報が沖縄本島に出されましたが、10cm程度 の津波が観測されたにとどまりました。

また、午後3時半すぎに、チリでM8.8の非常に強い地震が発生し、大きな被害がでています。津波も発生しております。これはスマトラ島沖地震より 少し弱いという程度です。
気象庁の発表によると、チリ大地震発生に伴う津波は、明日(2/28)、13時半ごろ、三陸海岸に到着するとのことで す。
念のため、海岸に近寄らず、高いところに避難するのが、よいでしょう。

大切なことなので、何度も言いますが、こういったことを対岸の火事と思わないでください。明日はわが身なのかもしれないのですから。東海沖でこのク ラスの地震が発生したら、浜岡原発なんかはアボーンとなって、日本オワタ(w となります。

チリ地震の震源地

南米チリでM8・8の強い地震、85人死亡
2月27日16時6分配信 読売新聞
 【リオデジャネイロ=浜砂雅一】

 米地質調査所(USGS)によると、南米チリで27日午前3時34分(日本時間27日午後3時34分)、マグニチュード(M)8・8の強い地震があった。
 震源は首都サンティアゴの南西約325キロの沿岸地区で、震源の深さは約35キロ。チリ国営テレビは、少なくとも85人が死亡したと報じており、被害はさらに拡大する恐れがある。
 サンティアゴ近郊のバルパライソでは1・3メートルの津波を観測。
沖合約600キロ・メートルのフアン・フェルナンデス諸島では、津波による深刻な被害が出ているとの情報もある。
 震源に近い同国第2の都市コンセプシオンでは電話が不通になっており、かなりの被害が出ている模様だ。
サンティアゴでは、複数の建物が倒壊し、避難した人々が一時は路上にあふれたという。サンティアゴ国際空港は閉鎖された。

 チリでは1960年5月にも観測史上、最大のM9・5の大地震が発生し、高さ11メートル以上の大津波で約1655人が死亡。
発生から22時間後には、日本の太平洋岸に到達し、142人の死者・行方不明者を出した。

チリ地震による津波の到達予想時刻

1960年のチリ地震で発生した津波は三陸海岸を直撃し、大きな被害をもたらしました。
再発防止のため、三陸海岸には見上げるような高い堤防ができ、現在の津波予報体制が整えられるようになりました。
スマトラ島沖地震が発生して、東南アジアやインド洋周辺の津波予報体制ができたのと同じようなものです。
技術やお金があっても、実際痛い目にあうまでは大きな被害をもたらす災害に対する備えをする人は、そう多くありません。
いたとしても、多くの場合、変人扱いされます。
でも、ノアの洪水以降、変人扱いされた人たちが生き残ってきたのです。

2010/02/27 橘みゆき 拝

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

迫り来る戦争の足音

アフガニスタンの歴史を振り返ると、何度も当時の世界帝国から侵略されてきたが、山深い地の利と補給の困難さを生かし、傀儡政府が成立するものの、結局、勝利することができずに撤退させてきた。
アフガニスタン侵攻の失敗により、世界帝国は崩壊の道を歩んできた。
前回はソ連しかり、今回のアメリカしかり。
ここに軍隊を進めてはいけない土地というものが、世界にはいくつもあるが、アフガニスタンもその1つである。

 

アフガン共同軍事作戦、南部のタリバン拠点制圧
2月20日20時48分配信 読売新聞

【イスラマバード=酒井圭吾】
 アフガニスタン南部ヘルマンド州マルジャ地区に展開している北大西洋条約機構(NATO)軍とアフガン軍は、共同軍事作戦開始から1週間となる20日までに大半の地域を制圧し、統治の確立に向けて動き出した。
 旧支配勢力タリバンの拠点壊滅を目指した今回の作戦は、マルジャ中心部から徐々に戦線を拡大、麻薬精製工場や火薬庫を制圧した。(以下、略)

 

 アフガニスタンは麻薬の大生産地であり、ここから地下経済へマネーの供給源となっている。
麻薬により稼いだカネで武器商人から武器を大量に買うことができる。
戦争により失業者が増大するとゲリラの兵隊に就職するしかなくなる。
泥沼のスパイラルだ。
アメリカは、ベトナムに続いて、アフガニスタンで敗北するだろう。
ロシアと支那を主軸とする反米連合(ランドパワー)が、アメリカ、イギリス、日本を主軸とする親米枢軸国(シーパワー)に勝利するのだ。

 

イラク軍事作戦の名称を変更、「新たな夜明け」に 米軍
2月20日13時30分配信 CNN.co.jp

ワシントン(CNN)
 米政府高官は19日、イラク軍事作戦の名称を今年9月から「新たな夜明け」に変更する方針が決まったと明らかにした。これまでは「イラクの自由」だった。
イラク駐留米軍のオディエルノ司令官が提案、ゲーツ国防長官が承認したという。
駐留米軍は今年8月末までにイラクでの戦闘任務を終了、11年末までにイラクから完全撤退の予定で、作戦名の変更はこれを反映している。(以下、略)

 

 アメリカが弱体化し、中東における影響力が低下すると、困るのがイスラエルである。
文字通り国家存亡の危機である。
素直に消えて無くなるのを良しとしないのなら、自分が滅びるなら相手も道連れに。。。という動機で、第五次中東戦争のひきがねを引くことも想定しておいたほうが良いだろう。

それはいつか? 前兆現象はないか?
前兆の1つは、イラクに駐留している米軍が撤退したときだろう。
もう1つは、米国が去った後の地域大国であるイランがイスラム国のリーダーとして、イスラエルを地図から消滅させる動き、具体的には包囲網を作ったときである。

第一次世界大戦は、欧州の火薬庫セルビアで発生したオーストリア皇太子の暗殺がきっかけでした。
ですが、戦争はすぐに始まるというものではありません。
その何年も前から、ドイツとフランスの対立にロシアやイギリスが関与して、一発触発の状態が続いていました。
いま、石油の枯渇を迎え、アメリカ中心の世界が、戦国時代よろしく群雄割拠の時代になりつつあります。
まさに戦争勃発の直前といえる状況が、いまこの瞬間なのです。

戦場になるのは、パキスタンから中東、アフリカ北東部のエリアと、極東地域(日本列島、沖縄諸島、台湾島のラインと、朝鮮半島)の2箇所。
ここでランドパワーとシーパワーの激突が発生するからです。
想定戦場をみてのとおり、日本は戦場になってもおかしくありません。

政治家や官僚、えらそうにしている自衛隊の幹部や大企業の連中など、ソ連が満州に侵攻する前に逃げた関東軍や満鉄社員のように、さくっと逃げます。
いざというとき頼りにならない連中を頼るのは、愚の骨頂です。

平和をむさぼり、憲法9条を念仏のように唱えていれば大丈夫ということを言う平和ボケは、もう通用しません。
現実逃避の結果として、念仏を唱えるのでしたら、否定はしません。
気の毒とは思いながら、遠くから見守らせていただきます。

2010/02/21 橘みゆき 拝

《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

アメリカが30年ぶりに原発を新設

 石油枯渇が見えてきて、石油文明の落し子であるアメリカは、新たなエネルギー源を原子力に求めている。
石油がブッシュ元大統領の利権であるなら、原子力はゴア副大統領の利権である。
かつてアメリカはスリーマイル島の原発事故(メルトダウン寸前だったと、後日こっそり公表された)で、原発アレルギーだった。
ゴアさんが先頭に立って主張している地球温暖化を防ぐためには、やむを得ないという世論をつくった点が大きいが、大きな政策転換である。

 

米政府が30年ぶり原発新設計画、融資保証83億ドル
2月17日9時45分配信 産経新聞

【ワシントン=渡辺浩生】
 オバマ大統領は16日、約30年ぶりとなる米国内での原子力発電所の新設計画で、総額83億3000万ドル(約7500億円)の融資保証を実施すると発表した。
1979年のスリーマイル島原発事故で新規着工を凍結して以来、初めての建設計画で、今後、米国で原発建設の動きが本格化するとみられる。
東芝や日立製作所など、日本の原発メーカーの商機が広がる可能性もありそうだ。

 オバマ大統領はメリーランド州の演説で「増加するエネルギー需要を満たし、気候変動の最悪の被害を防ぐために、原子力発電の供給を増やす必要がある。
今日の発表はわれわれをそうした道へ進ませるものだ」と述べた。原発を含むクリーンエネルギー分野への投資を促し、雇用拡大と地球温暖化対策を後押しする意向だ。

 米政府が融資保証を実施するのは、電力大手サザン・カンパニーがジョージア州で計画しているボクトル原発の2基の原子炉。建設に伴い3500人、完成後は800人の雇用が創出されるとしている。
原子炉の稼働は2016年、17年に開始する見通し。(以下、略)

 

チェルノブイリ原発事故から25年経過し、あのあたりは自然保護区となっている。
アマゾンや東南アジアのように自然回復力が強いので、文明崩壊後はジャングルの中に遺跡があるが、そのほかの地域は砂漠化してしまい、ほとんど人が住めない。
これが人間の浅はかな知恵の結末であり、今回も同じパターンをたどるだろう。
日本は幸い、森林が多く残っていますが、これとて石油が輸入できなくなったら、木を切って燃料にするしかなく、数年しないうちに消滅してしまうだろう。
ではどうする? 省エネルギーで生きればいいのか? 大量に人が死ねばいいのか?
西洋文明のどん詰まりを迎え、新たな文明に転換しないと、どうも先はなさそうだ。
それが水素文明なのか? そうだといいが、石油なき後、当面は石炭や天然ガスを使いながら、新エネルギーに活路を見出さないといけない。
その時間がはたしてあるだろうか?
私は知っている、滅んだ文明に共通して、最後の生き残りがこう言ったことを。
「もっと時間があれば、なんとかできたのに!」

2010/02/19 橘みゆき 拝

《人気ブログランキングに投票》

 

水素文明を産み出す士官学校ML 内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »