« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

ドバイ・ショックを甘くみてはいけない

 以下の映像は、昨年の年末にYoutubeにアップされた映像です。
ドバイが外国からの借金7兆円に達するけどデフォルトする心配はないと言ってますが、同じようなことは、11月27日にも言ってました。
私からみると、よくもまあ1年間もったと思いますが、一回資金を投じたら後にひけないのは邦銀だけではないようです。

 

ドバイが借金7兆円以上の借金で金融危機 (2008/12/30) (Youtube)

 

 昨年リーマン・ショックで、世界各国の中央銀行がやれることは何でもやって、やっとのことで金融危機の拡大を防ぎました。
ダメなものにふたをしてもダメ。ダメなものを隠しても消えません。
世界中にジャブジャブとあふれるマネーの行く先は、先々でバブルを発生させました。
ドバイもその1つ。日本が不景気だったこともあり、海外に生き残りをかけた建設会社、融資先を探していた銀行、公表されている額の被害の10倍はいくのではないかな?
バブル崩壊なんて、最初に言われた損失の100倍くらいに膨らむのが歴史の常です。

☆ドバイ政府系企業 返済延期 (2009/11/27) (Youtube)

 

金融システム危機の第三波が始まった

ドバイ・ショック、本当にやばいです。
甘くみていると、世界規模の大津波にのみこまれてしまいます。

ドバイ・ショックは、日米欧問わず、大丈夫だから心配ないから、これは第五次中東戦争でチャラにしないとダメだまで、玉石混在の情報としてネットを行き交っています。

ある出来事を評価する際、多くの情報源をチェックしますが、それぞれバイアスがかかっていますから、普段の発言をみて、今日はこう言っているけど、いつもと違うときもあります。
そんなときは、いえない事情があるので、文字と文字の間を読み取る必要があります。

経済アナリストの藤原直哉さんは、インターネットラジオのコメントとして、読者からの質問に答えていますが、その中の1つに、今回のドバイ・ショックについて、以下のようにコメントしています。

<<引用開始>>

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2009年11月24日 ユーラシア大陸の時代

みなさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
今回のドバイショックをきっかけに金融経済は世界中が大混乱になるでしょう。
80年前の世界大恐慌も株の暴落開始から3年目に一番厳しい状況がきました。まさに来年ですね。
マネーを出すことは金融機関救済のために止められないでしょう。
しかしそれだけでは物価上昇に結び付く下地になるだけで、経済は発展しないでしょう。
まさにニューディール、まったく新しい価値観で経済を作り始めないとなりません。
来年は民主党も霞が関も、まさに腰が抜けてしまうと思います。
英米は吹っ飛び、欧州大陸も中東東欧でメルトダウンしちゃうかもしれませんね。
中国、インド、そしてロシア、中南米もどうなるかわからない。
中東からアフガンは欧米の腰砕けを受けて新たな大戦争勃発かもしれないし・・・。
来年は本当に転機だと思います。

本当に民主党のリーダーシップが問われるのは来年です。
本物のヨコ型リーダーシップを発揮できるかどうか、日本の命運がかかっていますね。
民主党さん、本気で頑張ってくださいよ。

ありがとうございます。どうぞますますご活躍ください。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2009年11月28日 (土) 22時39分

<<引用終了>>

 

さて、どう思うかは、みなさまご自身で決めることですが、判断を誤ると、家族ともども路頭に迷う羽目になります。
昭和のバブルが崩壊してからの20年間、膨大な富の蓄積のおかげで痛みを先送りできましたが、その間の時間を使って、新しい時代を切り開くことができるようになっていますでしょうか?
時代の津波にただ流されてきただけでしょうか?
そのあたりの行いの結果が、誰の目にも明らかになってきます。

明るく暖かい人は、より明るい人たちとつながり、暗く冷たい人はお互い足をひっぱりあって沈んでいきます。
自滅する人たちのことに関わる余裕はないので、さくっと次の時代にシフトしてしましましょう。

2009/11/29 橘みゆき 拝


Blog_ranking_banner_04 《人気ブログランキングに投票》

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドバイ・ショックは金融大恐慌第三波の開始となる


(出展元:まさに外道画像書庫)

ドバイが5兆円ほどモラトリアムを出すとか出さないとかで、大きく円高に動きました。これはユーロやドルがジャブジャブにマネーを乱発したのに、日銀はあまり刷っていないから、相対評価で円が買われているからです。内需が拡大し、日本経済が強くなったわけではない。

10年前のアジア通貨危機の構造が、場所と立場を変えて再現し、スピードアップしているというイメージでみると、今後の展開が見えてくるだろう。そう、急激な円高、そして不景気である。

これで輸出依存型の企業は大きなダメージを受けるのは確実。日本の場合、ドバイに銀行やゼネコンなどが元気にやってましたが、それでも8700億円程度で済んでいるようです。

中東はイギリスや欧州の縄張りみたいなところですから、イギリスや欧州の銀行は軒並み大打撃を受けています。
あまり影響を受けないと言っていることは信用しないほうがいいよ。そいつら当事者だから(笑

金融システム危機、第三波は、世界各国でまとまって対応できるというものではありません。津波のように根こそぎ破壊していきます。
そんなわけで、週明けは、朝目覚めた後、ネットで為替のページを確認した瞬間、「おはぎゃぁ~」っていう台詞を言う方が多くなるでしょう。

ま、相場が大きくうごくときは、下手に対応すると、往復ビンタを喰らうので、一日フテ寝して何もしないほうが被害が少なかったりします。
投資の才覚がない大多数の方は、FXなんかしたら、財産ねこそぎもっていかれるだけなので、余計な欲を出さないことです。

※メルマガで本コラムを周知したところ、FX成功法則というメルマガの広告が入っていました。(笑

 大恐慌っていうのは、1%の成功者に99%の失敗者が失ったマネーが集中するのがあたりまえです。
宝くじに当たるとかギャンブルよりも分が悪いので、普通の人は近寄らないか、どぶに捨ててもいい金でやりましょう。
得てして貧乏人になるほど、なけなしのカネで一発逆転を狙いますが、余裕のないカネでギャンブルをした場合、すってんてんになるのが落ちです。

 

【橘研究所の同人誌即売会のサークル情報】

現在、橘研究所では、新聞をレイアウトする感覚でブログを作成し、携帯電話で読んだり、プリントアウトしてミニコミ紙を簡単に作成できるソフトのマニュアルを作成しています。これは、「ソフトウェアにおける革命」として、コミケ77に登場します。

コミックマーケット 77
日時:2009年12月29日(火)~31日(木)
会場:東京ビッグサイト
 橘研究所のスペース 12月30日(水) 東3ホール [オ]-10b
  新刊:「ソフトウェアにおける革命」 B5版 150p

COMIC CITY大阪77
日時:2010年01月10日(日) 10:30~15:00
会場:インテックス大阪
 橘研究所のスペースは、当落発表後お知らせします

【意見交換会(忘年会/新年会)のお知らせ】

御蔵、秋月の参加者、読者の皆様との親睦を深めるため、イベントの夕方に、新年会と忘年会を開催します。世界の出来事や未来の展望について語り合いましょう。

コミケ後(12月30日) 場所:東京駅付近のお店
 時間:16時30分から19時まで、 予算:5000円。
 ※混雑回避のため、東京ビッグサイトから早めに移動します

ComicCity大阪の後(2010年01月10日) 場所:大阪駅付近のお店
 時間:16時30分から18時30分まで 予算:4000円。

イベント終了後、宴会会場へ移動しますが、イベントに出られない方で、忘年会、新年会だけの参加の方もどうぞお越し下さい。集合場所は改めて連絡いたします。

なお、予約の人数を確定しなければいけませんので、ご参加いただける方は、幹事(jyoudou@gmail.com)あてにメールをしていただくか、下記のブログの記事へのコメントにて参加表明をお願いします。

忘年会(東京12/30)、新年会(大阪1/10)のお知らせ - 流水成道

2009/11/29 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_04 《人気ブログランキングに投票》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »