« 本ブログ凍結(新規投稿中止)のお知らせ | トップページ | クリントン元大統領は何を密約してきたのか? »

2009年8月 7日 (金)

大女優、大原麗子さん亡くなる

8月3日に、押尾学さんや酒井紀子の旦那(高相祐一さん)が薬で逮捕されて以来、TVニュースはこれの報道が多いのですが、ほかのニュースはきちんとチェックしていますでしょうか?

こういう時期には、大きな事件を隠そうという意図で、芸能ニュースを前面に押し出すことが多いため、小さな扱いのニュースこそ要注意です。

大原麗子さんが自宅で死後2週間以上という状態で見つかったとのことです。真夏の2週間ですから、死臭がひどい状態になっていたと思いますが、問題はそこ(孤独死)ではありません。

<<引用開始>>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000982-yom-ent
女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間以上
8月6日21時41分配信 読売新聞

女優の大原麗子さん(62)が、東京都世田谷区の自宅で亡くなっていたことが6日、わかった。

警視庁成城署幹部によると、大原さんの弟が大原さんと連絡が取れないことから同日、同署を訪れ、午後7時頃、署員とともに、大原さんの自宅に行ったところ、2階寝室のベッドで大原さんがあおむけの状態で死亡しているのが見つかった。

遺体の状況から、死後2週間以上が経過しているとみられ、同署では病死の可能性が高いとみている。

(中略)

手足の神経がマヒして歩行などが困難になる「ギラン・バレー症候群」の治療のため、近年は芸能活動を休止しており、昨年11月、自宅で転倒して右手首を骨折した。

<<引用終了>>

読売新聞の記事の最後に付け加えた文が、一番重要な部分です。
「ギラン・バレー症候群」という言葉なのです。この病気は、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入ら/>なくなります。予防接種の副作用で発病するケースが多い。

1976年2月にニュージャージー州フォートディクスのアメリカ陸軍訓練基地(Fort Dix)で豚インフルエンザが原因で死亡した兵隊から基地での集団感染が疑われた。事態を重く見た保健衛生当局の勧告に従い、フォード大統領は同年10月に全国的な予防接種を行った。予防接種の副作用で500人以上がギラン・バレー症候群を発症し、30人以上が死亡したため、予防接種を中止したが、それまでに約4000万人が予防接種を受けた。 万事休すとはこのことです。

おりしも豚インフルエンザの流行を食い止めるために発生した病気であるため、豚由来の新型インフルエンザに対するワクチンが量産体制に入るまで、伏せられたといってよいでしょう。(ここ重要!)

<<引用開始>>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000927-yom-sci
新型インフルワクチン、米製薬大手が世界初製造
8月6日20時27分配信 読売新聞

米製薬大手バクスター・インターナショナルインクは6日、新型インフルエンザ用ワクチンの初回製造を7月末に完了し、出荷準備に入ったと発表した。

新型用ワクチンの出荷は世界初。同社は、英国など5か国と供給契約
を結んでおり、初回出荷分は契約国に納品される。日本へ輸出する予定はない。

同社は、ワクチン製造に鶏卵を使わないため、通常なら半年かかる製造期間が約3か月で済むという。

国内では4企業が来年2月末までに3000万人分(1人2回接種)を製造する。出荷開始は10月になる見通し。舛添厚生労働相は約2000万人分を輸入する方針も示している。

<<引用終了>>

このバクスター社は、2009年2月末、1918年のスペインカゼウイルスを混ぜた状態で出荷したという実績を持つ、麗しい会社ですから、この新型インフルエンザワクチンにも、別の病気の原因ウイルスが混入したり、予想外の副作用(ぶっつけ本番のため、きわめて危ない)が出ると思われるから、ワクチンなんて打たないで済むのなら、うたない方がいいだろう。 特に医療関係者及びライフラインを維持
する人たちは優先して、この手のワクチンを接種しろと上司から言われるだろうから、いろんな理由を捏造してでも回避せよ!(じつは卵アレルギーでインフルエンザワクチンはだめなんですとか)

ほーら、とっても重大なニュースでしょ?

2009/08/07 橘みゆき 拝

|

« 本ブログ凍結(新規投稿中止)のお知らせ | トップページ | クリントン元大統領は何を密約してきたのか? »

「ニュース」カテゴリの記事

「未来図」カテゴリの記事

コメント

英語の分かる方は是非これを読んでください。 新型インフルエンザ用のワクチンがいかに怖いか書いてあります。

http://www.healthfreedomusa.org/?p=3218

投稿: wakeup! | 2009年8月 8日 (土) 10:11

どう考えてもワクチンの副作用などが無視されていると疑問に思い、日本での細菌学、伝染病学の研究の歴史を調べて見ると出て来る、出て来る。 まず予想通りロックフェラー財団が1915年くらいから色々な援助をしていますね。表面上は人道的なことをやっているように見えるけど、興味ある方は研究してください。UN,WHO, TC, CFRなどはもちろん世界中の血液銀行などのロックフェラーの力を調べると見えてきます。

http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/pdf/200805/0805_8994.pdf

日本での4箇所あるワクチン製造所のひとつ(財)阪大微研 の日本脳炎のワクチンのデータベースは:

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00056709.pdf

2の組成の中に成分表があります。 安定剤にホルマリン、Lグルタミン酸ナトリウム(味の素の原料)など。 これを体内に直接投与した場合の人体への影響に対する研究は見つからない。 

販売元は武田製薬。こちらの歴史を見ると、むむむ、武田製薬の研究者が731部隊の中心になり、その後内藤良一はミドリ十字を設立。 

内藤良一は1930年代、米国ニューヨーク・シティ64~68番地にあるロックフェラー研究所にBC兵器の情報収集に来ている。ロックフェラー研究所は米国のBC兵器開発の中心だった。石油王ロックフェラーは、その石油の運搬をブッシュ一族の鉄道王ハリマン銀行に行なわせていた。ブッシュ一族は、ロックフェラーから仕事をもらい事業家として成功した。731部隊とモンサントの協力関係の背後には、ブッシュ一族とロックフェラーのバックアップが存在した。これは以下から抜粋。

http://77809086.at.webry.info/200809/article_9.html

ワクチンの副作用の研究では Dr. Len Horowitz が第一人者です。

(私はアメリカ在住です)

投稿: wakeup! | 2009年8月 7日 (金) 14:12

■女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間経過?―一つの時代の象徴か?次の世代はどうなるのか?
こんにちは。なにはともあれ、大原麗子さんのご冥福をお祈りさせていただきます。大原さんは、私の大好きな女優であったので、非常に残念なことでした。それに、突然だったので驚きました。大原さんに関しては、いろいろと報道されていますが、私は、彼女が亡くなったことは非常に残念ですが、まるで一つの時代が終わったことの象徴のように思えてなりません。この時代の終焉は、現在は金融危機の影響などで、良く見えませんが、5年後くらいから顕著になってくると思います。ここに書いていると長くなってしまいます。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年8月 7日 (金) 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/30862913

この記事へのトラックバック一覧です: 大女優、大原麗子さん亡くなる:

« 本ブログ凍結(新規投稿中止)のお知らせ | トップページ | クリントン元大統領は何を密約してきたのか? »