« 4月30日05時、フェーズ5に引き上げ | トップページ | 【新HP:新世代どっとネット運営開始】 »

2009年5月 1日 (金)

深夜の舛添厚生労働大臣の会見で思ったこと

豚由来の新型インフルエンザ情報

本日(5月1日)、深夜1時半ごろ、NHKラジオ(NHK第一放送)で、舛添厚生労働大臣の会見をききました。

成田の女性はA型香港カゼだったそうです。
横浜の高校生は、再検査となったそうです。(クロではない)

不思議なことに、横浜在住の高校生は、4月10日から25日かけてカナダに研修旅行にいった際、現地で感染したそうです。
そう、メキシコでもなければ、アメリカでもありません。
これって、不思議だと思いませんか?

カナダの空港で、メキシコから来た旅行者からうつされた可能性もありますが、カナダでもだいぶ感染が広がっているのではないかと示唆する情報であります。(とだけ指摘するに留めます)

別のニュースでは米軍基地の兵隊さんも感染したそうですし、ワシントンでも世界銀行の職員さんが感染したそうです。

海の向こうでも日本みたいに報道規制をしているかもしれません。

国内初、新型インフルの疑い…カナダ修学旅行の横浜の高校生
5月1日1時35分配信 読売新聞

舛添厚生労働相は1日午前1時半ごろから記者会見し、国内で新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の「疑い症例」が発生したと発表した。

 修学旅行でカナダを訪れていた横浜市内の男子高校生(17)で、発熱、せき、たんの症状があり、30日に医師の診察を受け、簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応を示した。
今後、さらに詳しい遺伝子検査(PCR検査)を行うが、確定診断には1~2日程度かかる見込みという。日本で疑い症例が確認されたのは初めて。

 舛添厚労相は「今の段階でいたずらにパニックになる必要はない。もし新型インフルエンザであれば、しかるべき対応をする」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。

 舛添厚労相の説明などによると、高校生は4月10日から、カナダのブリティッシュコロンビア州を訪れ、政府の水際対策が始まる前の25日に帰国していた。

 A型インフルエンザには、新型インフルエンザのほか、ウイルスの型が同じタイプ(H1N1型)のAソ連型、さらに、A香港型(H3N2型)などがある。簡易検査の後、さらに詳しい遺伝子検査を行ったが、解析不能だった。同省では、国立感染症研究所でウイルスを詳しく調べて診断を確定させる。

 高校生は感染症指定病院に収容されている。同省は高校生が国内でどんな行動をとったかや、接触者、同行者などを調査する。舛添厚労相は「(高校生の通う)学校が臨時休校するという判断もありえる」と述べた。

 一方、同省などによると、30日午後3時半過ぎに成田空港に到着した米ロサンゼルス発の航空機内で、発熱を訴えた日本人女性(25)に対する簡易検査で陽性反応が出た。しかし、遺伝子検査を行ったところ、A香港型で、新型インフルエンザではないことが判明した。女性は千葉県内の病院で治療を受け、機内で女性の周囲にいた乗客ら十数人は、検査結果が判明するまで空港周辺に留め置かれていた。

 新型インフルエンザの判断については、国内で発生した場合は簡易検査で陽性が出た時点で疑い症例とするが、検疫の場合は簡易検査に加え、遺伝子検査を行ったうえで判断する。

 

舛添大臣の発言後の質問で、「水際で防げなかったのか」とありましたが、水際で防げるものでもありません。せいぜい時間稼ぎ程度です。
ここでのポイントは高校生が帰国したのは25日で、フェーズ4となった28日よりも3日も前だということと、帰国後1週間位は自由に動けたというところです。
彼が大丈夫でも、日本人感染者1号が確認されるのも、今日明日でしょう。

日本人で感染者が出たとか出ないとか騒いでいる暇があったら、さっさと食糧や医療品をそろえたり、日帰り温泉に行って、のんびりする方が有意義というものです。

2009/05/01 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

|

« 4月30日05時、フェーズ5に引き上げ | トップページ | 【新HP:新世代どっとネット運営開始】 »

「ニュース」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントさせていただきます。いつも貴重な情報をありがとうございます。

私はカナダのバンクーバーに住んでおります。今回の記事の高校生のインフルですが、私がこのニュースを日本の報道で読んだ際、どこで感染したのだろう?と少し不思議な心持になりました。

と言うのも、今日の時点ではBC州では11名の感染者が分かり(昨日までは6名でした)、1人を除くいずれも最近メキシコもしくはカリフォルニアから帰ってきた人達ばかりで、残りの1名は旅行者と頻繁に接触のある人です。11人のうち1人は病院に入院しているそうですが、いずれも症状は軽いようで、既に回復していたり、回復の段階にあるとしています。

なので、まだローカルでインフルが蔓延しているといった雰囲気はなく(ですが、日ごとに増えているので、人から人への感染が広がらないように、メキシコなどへの旅行は差し控えるよう呼びかけられたり、手洗い、うがいの徹底と、具合が悪くなった場合は、外出は避け自宅療養を呼びかけられていますが、至って落ち着いた雰囲気です。)、ですので、この高校生の報道を読み、一体BC州のどこで感染したのだろう?と不思議に感じました。こちらでSwine Fluの文字を聞き始めたのは23日か24日で、その時の感染者はまだメキシコ帰りの二人の若者でした。

インフルに関して、こちらで聞くのは、手洗い、うがいの慣行とともに、熱や咳の症状がある場合は、1週間は休みをとり自宅療養するように、同僚、知人もそういう風に勧めてあげましょう、とのことと、近隣の人との親睦も深めておきましょうというお話でした。まだまだパニックという雰囲気ではないですが、橘さまの記事を拝読し、マスクの購入や備蓄を進めている次第です。ありがとうございます。

投稿: メイプル | 2009年5月 1日 (金) 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/29377297

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の舛添厚生労働大臣の会見で思ったこと:

« 4月30日05時、フェーズ5に引き上げ | トップページ | 【新HP:新世代どっとネット運営開始】 »