« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年5月 6日 (水)

本ブログ凍結(新規投稿中止)のお知らせ

本ブログは、20世紀型の石油文明が衰退するのを横目で見ながら、21世紀型の水素文明を作ろうと呼びかける目的で作りました。

幸か不幸か、連山に掲載していただいたコラムが5月6日より読めなくなりましたので、新しいサイトを急遽つくることとなり、ようやく5月2日より運営を開始しました。
携帯用閲覧サイトも5月4日よりスタートしました。

新HP:Neo-Generation.NET(新世代どっとネット) TOPページ工事中

新ブログ:橘みゆきのコラム(Neo-Generarion.NET) 【新世代どっとネット】

携帯用閲覧サイト(Neo-Generation.NET)

このサイトがスタートしたことにより、本ブログ(水素文明への転換)の活動をそちらに引き継ぐこととしました。

本ブログを凍結しても、1年、2年くらいはココログ事務局側で消去しないでしょうから、当面の間は見れますので、過去に書いたコラムが読みたくなったら、またアクセスしてください。
それでは、今後は、新HP、Neo-Generation.NET 【新世代どっとネット】にアクセスしていただきますよう、よろしくお願いいたします。
いままで、アクセスしてただき、ありがとうございました。

2009/05/06 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

内容は、私が管理している2つのブログ「新世代どっとネット」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

仮説:日本の感染者急増は5月15日か?

仮説:5月15日、日本で新型インフルエンザの大流行する?

はじめに:本コラムは、あくまで可能性を指摘するのが目的です。本当にそうなるとか、皆様の不安を増大させるのが目的ではありません。

<前提条件>
連休中、海外旅行して、5月5日(火)に帰国したとした人が、帰りの飛行機で新型インフルエンザに感染したと仮定します。

最初の感染者

潜伏期間はNYの学校の感染例をみると、新型インフルエンザで高熱になるまで4日。3日間は普通どおり動ける。
学校とか会社にふつうに通えるのは、5月8日(金)。
この日に、周囲の人たちにウイルスをばらまきます。
当然ですが、連休明けの5月7日(木)は自覚症状はありません。
そして、5月9日(土)に熱が上がり、この時点で保健所に連絡します。
検査して、新型インフルエンザに感染していることが判明するのは土曜日の深夜あたりでしょうか?
※日本人感染者第1号確認のニュースがこの時点

二番目の感染者

5月8日(金)に感染(二次感染)してしまった方は、4日の潜伏期の後、発熱するとして、5月12日(火)に保健所に連絡します。
その人は、5月11日(月)まで、普段どおり生活して、5月11日(月)にウイルスをばらまきます。
※日本での感染者が増え始めるのがこの時点

三番目に感染した人が発熱するのは、さらに4日後の5月15日(金)という計算となります。 以下、めんどうなんで、省略。
※日本での感染者が目立って増えるのがこの時点

欧米人よりもアジア人の感染者が少ない

いままでの感染者数の増え方をみると、欧米人よりも日本人を含むアジア人の方が少ないようなので、案外、増えないのではないかと思っているというか、願望です。

とりあえず、小学校の先生が言ったことが大切です。
カゼを予防するのは、外に出るときはマスクをする。
外から帰ってきたら手を洗って、うがいをする。
この基本動作が大切であると。

また、WHOの偉い人は、こういった。
手を洗う時間は、Happy Birthdayの歌を2回うたっている間だと。
これは、試してみたら、案外長く感じました。手を洗い終えるタイミングが誰でもわかるので、よい方法です。ぜひお試しあれ!

警戒レベル「6」引き上げ判断、「数日後にも」…WHO
5月3日21時24分配信 読売新聞

【ジュネーブ=大内佐紀】

 世界保健機関(WHO)のマイケル・ライアン警戒対策部長は2日、新型インフルエンザに関する記者会見で、警戒水準を「フェーズ5」から世界的大流行(パンデミック)を意味する最高の「6」に引き上げるかどうかの判断が、「数日で出る可能性がある」と述べた。

 同部長は、「6」への移行について、「差し迫っている」との認識も示した。

 WHOの基準では、人から人への感染が持続的に二つの大陸で確認されれば、「6」となる。
アメリカに加え、英国、スペインなど欧州でも感染者が増えており、基準を満たす可能性が出ている。
引き上げるかどうかの最終決定は、マーガレット・チャン事務局長が緊急委員会の検討を踏まえて下すことになる。

 ただ、WHOの警戒水準は、感染の地理的広がりだけを判定基準とし、症状の重さを考慮していない。
今回のウイルスは「弱毒性」とされ、「6」に引き上げられても「強毒性」鳥インフルエンザなどと同等の健康被害の広がりを意味しない。
ライアン部長は記者会見で、「6」になっても「過剰反応を避けるよう」呼びかけ、各国政府に引き続き「渡航制限」や「国境閉鎖」などの措置を取らないよう求めていく構えを示した。

 

【フェーズ6】の基準って、2つ以上の大陸で人から人への感染が持続的に確認されることだとすると、現状、北米と欧州で広がっているから条件クリアで、WHOの決断1つで、【フェーズ6】に引き上げることが可能だということです。やれやれ。

 

 

新HP:新世代どっとネットが5月2日よりスタート

連山に掲載していてだいた「橘みゆきのコラム」を継続して読んでいただくため、レンタルサーバーを借り、ドメイン:Neo-Generation.NET(新世代どっとネット) を取得し、Movable Type によるブログを立ち上げました。
新ブログ【橘みゆきのコラム(Neo-Generarion.NET)】へのアクセスは、
こちらからどうぞ 

連休前にスタートしたかったのですが、豚由来の新型インフルエンザの蔓延によって、そちらを優先してコラムを書いたため、予定よりも遅れました。。

ドメイン名は、Neo-Generation.NET を日本語に直訳すると、【新世代どっとネット】となります。
聴くと元気が出る 丹下桜さんの曲から名前をお借りしました。

丹下桜 Neo Generation (ニコ動)

 

携帯用閲覧サイトを5月4日よりスタート

新ブログを開設したところ、読者の方から、携帯電話で、アクセスできないかとのご要望がありました。
そこで、携帯用閲覧サイトを作りましたので、こちらにもアクセスしてみてください。

携帯用閲覧サイト(Neo-Generation.NET)

2009/05/05 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 3日 (日)

【新HP:新世代どっとネット運営開始】

Neo-Generation.Net (新世代どっとネット)運営開始

4月23日未明のメルマガでお知らせしていましたが、「連山に掲載されているコラムが、まもなく消去されます。

連山(2009年4月23日のコラム) 間違っていたのは俺か

正義を規定するのは中心か、周縁か、の違いに過ぎない。
地球が回っているのか、太陽が回ったいるのか、どちらが正義かを決めるのは力を持つ集団である。
日本人は戦後を終える為にもそろそろ戦うべき時が来るようだ。
『連山』の膨大な過去コラムが消去される日が近い。
重過ぎる装甲や武装は機動戦においては不利となる。
膨大な情報も、激変期には逆効果となるのだ。
過去の智識が必要な人は早めに読み切るといいだろう。
これからは千人舞を見る事になるからだ。
その意味する事を感じるには智識より感受性が必要となる。
しかし、その意味する潜在部分を知るにはある程度の智識容量が不可欠でもある。

 

連山に掲載していてだいた「橘みゆきのコラム」を継続して読んでいただくため、レンタルサーバーを借り、ドメイン:Neo-Generation.NET(新世代どっとネット) を取得し、Movable Type によるブログを立ち上げました。
新ブログへのアクセスは、こちらからどうぞ

連休前にスタートしたかったのですが、豚由来の新型インフルエンザの蔓延によって、そちらに時間を割り振ったため、本日となりました。

ドメイン名は、Neo-Generation.NET を日本語に直訳すると、【新世代どっとネット】となります。
聴くと元気が出る 丹下桜さんの曲から名前をお借りしました。

丹下桜 Neo Generation  (ニコ動)

2009/05/03 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

深夜の舛添厚生労働大臣の会見で思ったこと

豚由来の新型インフルエンザ情報

本日(5月1日)、深夜1時半ごろ、NHKラジオ(NHK第一放送)で、舛添厚生労働大臣の会見をききました。

成田の女性はA型香港カゼだったそうです。
横浜の高校生は、再検査となったそうです。(クロではない)

不思議なことに、横浜在住の高校生は、4月10日から25日かけてカナダに研修旅行にいった際、現地で感染したそうです。
そう、メキシコでもなければ、アメリカでもありません。
これって、不思議だと思いませんか?

カナダの空港で、メキシコから来た旅行者からうつされた可能性もありますが、カナダでもだいぶ感染が広がっているのではないかと示唆する情報であります。(とだけ指摘するに留めます)

別のニュースでは米軍基地の兵隊さんも感染したそうですし、ワシントンでも世界銀行の職員さんが感染したそうです。

海の向こうでも日本みたいに報道規制をしているかもしれません。

国内初、新型インフルの疑い…カナダ修学旅行の横浜の高校生
5月1日1時35分配信 読売新聞

舛添厚生労働相は1日午前1時半ごろから記者会見し、国内で新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の「疑い症例」が発生したと発表した。

 修学旅行でカナダを訪れていた横浜市内の男子高校生(17)で、発熱、せき、たんの症状があり、30日に医師の診察を受け、簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応を示した。
今後、さらに詳しい遺伝子検査(PCR検査)を行うが、確定診断には1~2日程度かかる見込みという。日本で疑い症例が確認されたのは初めて。

 舛添厚労相は「今の段階でいたずらにパニックになる必要はない。もし新型インフルエンザであれば、しかるべき対応をする」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。

 舛添厚労相の説明などによると、高校生は4月10日から、カナダのブリティッシュコロンビア州を訪れ、政府の水際対策が始まる前の25日に帰国していた。

 A型インフルエンザには、新型インフルエンザのほか、ウイルスの型が同じタイプ(H1N1型)のAソ連型、さらに、A香港型(H3N2型)などがある。簡易検査の後、さらに詳しい遺伝子検査を行ったが、解析不能だった。同省では、国立感染症研究所でウイルスを詳しく調べて診断を確定させる。

 高校生は感染症指定病院に収容されている。同省は高校生が国内でどんな行動をとったかや、接触者、同行者などを調査する。舛添厚労相は「(高校生の通う)学校が臨時休校するという判断もありえる」と述べた。

 一方、同省などによると、30日午後3時半過ぎに成田空港に到着した米ロサンゼルス発の航空機内で、発熱を訴えた日本人女性(25)に対する簡易検査で陽性反応が出た。しかし、遺伝子検査を行ったところ、A香港型で、新型インフルエンザではないことが判明した。女性は千葉県内の病院で治療を受け、機内で女性の周囲にいた乗客ら十数人は、検査結果が判明するまで空港周辺に留め置かれていた。

 新型インフルエンザの判断については、国内で発生した場合は簡易検査で陽性が出た時点で疑い症例とするが、検疫の場合は簡易検査に加え、遺伝子検査を行ったうえで判断する。

 

舛添大臣の発言後の質問で、「水際で防げなかったのか」とありましたが、水際で防げるものでもありません。せいぜい時間稼ぎ程度です。
ここでのポイントは高校生が帰国したのは25日で、フェーズ4となった28日よりも3日も前だということと、帰国後1週間位は自由に動けたというところです。
彼が大丈夫でも、日本人感染者1号が確認されるのも、今日明日でしょう。

日本人で感染者が出たとか出ないとか騒いでいる暇があったら、さっさと食糧や医療品をそろえたり、日帰り温泉に行って、のんびりする方が有意義というものです。

2009/05/01 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »