« 危機に直面しないと団結できない | トップページ | 4段式ペットボトルロケットで北朝鮮のミサイルを迎撃せよ »

2009年4月 3日 (金)

桜が見ごろです

職場の近くを流れる川沿いに、桜が植えられています。
桜はちょうど見ごろとなっています。
人間の都合とは関係なく、季節が春へと移り変わっていきます。

090402_sakura

来年も桜は咲きますが、世の中の状況は大きく変わっていると思います。

世界1900万人の雇用創出を宣言…金融サミット閉幕
4月2日23時40分配信 読売新聞

【ロンドン=小川直樹】
 世界20か国・地域(G20)首脳による第2回金融サミットは2日午後(日本時間2日深夜)、各国が財政・金融政策を総動員することで、2009年中に世界で1900万人の雇用を創出するとの目標を掲げた首脳宣言を採択し、閉幕した。

 昨年から来年までの3年間の各国の景気刺激策によって、世界の成長率を4%押し上げることも盛り込んだ。2010年末までに世界経済を回復軌道に乗せるとの目標も掲げた。
 計画の進捗(しんちょく)状況を確認するため、次回サミットを年末までに開くことを決めた模様だ。
 今回の会議は、昨年11月に続く2回目の開催。足元の急激な景気悪化から脱する対策と、金融危機の再発防止に向けた中長期の金融規制・監督体制の強化について、具体策が示せるかどうかが焦点となった。

 首脳宣言では、新興国などを支援するため、国際通貨基金(IMF)の資金基盤の増強や保護主義の台頭に対抗することでも合意した。

 財政政策については、各国が継続して努力することを確認。米国が求めていた各国別の追加財政支出の数値目標は盛り込まなかった。金融政策では各国の中央銀行が引き続き現在の金融緩和を継続し、量的緩和やゼロ金利など非伝統的な手法も活用するよう促した。

 金融機関の貸し出し余力を回復させるため、資本の増強や不良資産の抜本的な処理に向け、あらゆる必要な行動を取るよう求めることも盛り込んだ。

 保護主義に反対することでも一致し、「今後1年間、新たな貿易障壁を設けない」とした昨年11月の第1回会合の合意をさらに1年間延長。各国の順守状況について世界貿易機関(WTO)に四半期ごとの報告を求め、実効性を担保する。

 金融危機再発防止策では、G20のメンバーを新たに加えた金融安定化フォーラム(FSF)を格上げし、国際的な規制・監督体制を強化する。脱税の温床として批判が強いタックスヘイブン(租税回避地)への監督強化でも合意した。

 

予想通り、G20でドルに替わる決済通貨の話は、まとまりませんでした。抜本的な解決策がないのですから、これも仕方がないでしょう。
次回のG20首脳会談は年末までに行うことが決まったことだけでもよしとしますか。(笑

2009/04/03 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

|

« 危機に直面しないと団結できない | トップページ | 4段式ペットボトルロケットで北朝鮮のミサイルを迎撃せよ »

「その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/28937636

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が見ごろです:

« 危機に直面しないと団結できない | トップページ | 4段式ペットボトルロケットで北朝鮮のミサイルを迎撃せよ »