« 所沢で2.4μSv/hrを越える放射線を観測 | トップページ | イタリアの地震学者、大地震を予知したが被害減らせず »

2009年4月 7日 (火)

春は黄砂が大陸から来る

今日はフリートークです。

昨日、所沢で比較的高い放射線量を観測しました。
大地震が起きる前、地下のひずみが地上に出てきて、地震雲なり、ラドンが出ますが、今回は、空からやってきている可能性が高いとみています。

この時期、支那大陸のおくの砂漠からはるばる黄砂が飛んでくるわけでして、あのへんで核実験をやっていた名残で、放射能に汚染された砂が、日本にやってきているかもしれません。

そんなわけで、自前でガイガーカウンタを購入し(アマゾンでも楽天でも、買えます)、毎日地道に測定して、Twitterなどのツールで情報を共有化しているのが、ガイガーウォッチャーです。

中越沖地震の際、柏崎原発の周辺に設置されている放射線観測網は、地域停電により、データを送ることができませんでした。
本当に必要なデータこそ、いざというときほど、役に立たないものなのです。
だから、他人が提供するデータがなくても行動するためには、自前で用意しなくてはいけません。1人よりも仲間が多いほうがいいのは言うまでもありません。

橘みゆき 拝

|

« 所沢で2.4μSv/hrを越える放射線を観測 | トップページ | イタリアの地震学者、大地震を予知したが被害減らせず »

「未来図」カテゴリの記事

コメント

ヨウ素剤を飲んでおけば、ヨウ素による被爆を防げます。
外出しなければ、放射性物質を含んだ砂とかホコリを吸い込んで
体内被曝は防げます。
木造建物の場合、隙間風を防ぐために、目張りをした方がよいでしょう。
あとは、STOP浜岡原発のHPなどに詳しく掲載されてますので
そちらを、よんでおくと、いざというときあわてないで済みます。

投稿: 橘みゆき | 2009年4月13日 (月) 03:02

ガオガーカウンターを購入したとしまして、上昇が見られたときんは、どうすればよいのでしょうか?外出を控える程度で被害は減少しますでしょうか。木造家屋ですから、放射線は通り抜けるのではないかと心配です。

投稿: 読ませて頂いています | 2009年4月10日 (金) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/28999582

この記事へのトラックバック一覧です: 春は黄砂が大陸から来る:

» 世界最強の情報集(転売が可能) [ウルトラ情報パック]
そうです!このソフトがお金持ちになり夢がかなうソフトなのです http://www.rny-company.com/urutora/ [続きを読む]

受信: 2009年4月 7日 (火) 14:03

« 所沢で2.4μSv/hrを越える放射線を観測 | トップページ | イタリアの地震学者、大地震を予知したが被害減らせず »