« 一次情報と海外情報にアクセスせよ | トップページ | アマゾンで子供用N95マスクが2種類在庫切れ状態 »

2009年4月27日 (月)

世界各国で豚インフルエンザ感染者が発生

豚由来の新型インフルエンザ(人から人に感染するからこっちの方が適当だろう)は、アメリカとメキシコのみならず、世界各国に感染が広がっています。

前回(1918-19年)のスペインカゼの流行時と比べて、国と国の結びつきが強くなり、飛行機がバンバン飛んでいるため、世界中に広がるのもスピードアップしています。

新型インフルエンザに感染してから発熱などの症状が出る前に、関西空港や成田空港の入国ゲートを通過してしまう人もいるため、GW明けには日本国内で感染者が出る勢いです。

豚インフル、NZにも拡大か…メキシコの死者81人に
4月26日22時22分配信 読売新聞

【ジュネーブ=金子亨、ワシントン=山田哲朗】

 メキシコや米国で豚インフルエンザ感染者が続出している問題で、世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は25日、専門家による緊急委員会の後声明を出し、「国際的な公衆衛生上の緊急事態である」と認定した。

(中略)

発生国のメキシコでは、カルデロン大統領が25日、当局による感染者の強制的な隔離や交通制限を可能とする「非常事態宣言」を発令した。

 一方、米カンザス州の保健当局は同日、州内の夫婦2人が豚インフルエンザに感染したと発表。夫婦は最近、メキシコに旅行しており、現地で感染したとみられる。
すでに6人の感染者が出ているカリフォルニア州でも同日、新たに35歳の女性の感染が確認された。
全米の感染者は、テキサス州の2人を合わせ3州11人となった。
このほか、米疾病対策センター(CDC)によると、ニューヨークの私立高校でも最近メキシコを旅行した生徒8人の感染が濃厚となった。

 ニュージーランド厚生省は26日、メキシコから帰国したばかりの高校生10人がインフルエンザにかかっていたと発表。
豚インフルエンザの疑いがあり、WHOに検体を送り検査する方針だ。
ロイターやAFP通信によると、メキシコから最近帰国した人のうち、スペインで3人、フランスで2人、イスラエルで1人に感染の疑いが出ている。

 

 インフルエンザは秋から冬にかけて流行するため、いわばシーズンオフの時期に、新型インフルエンザが蔓延しています。
このインフルエンザ、なかなかもって感染力は強いようです。

よく、カゼは10人にうつせば治ると言う人もいますが、なんと45人にうつしたあげくに亡くなった方がいるそうです。

<豚インフル>1人の女性患者から45人感染 メキシコ
4月27日0時37分配信 毎日新聞

【メキシコ市・庭田学】

 豚インフルエンザの感染・死亡例が拡大しているメキシコのコルドバ保健相は25日、最初に症例が確認された女性患者(既に死亡)と接触した45人が、ウイルスに感染していたことを明らかにした。
いずれも症状は軽かったが、ウイルスの感染力の強さを示している。

 記者会見したコルドバ保健相によると、4月13日に確認された最初の患者は、南部オアハカ州の女性。症状は重篤で死亡したため、本格的な調査を開始。女性と接触した人は多く、45人の感染が判明した。
しかし、この女性が今回の流行の最初のケースかどうかは不明という。 (以下、略)

 

 新型インフルエンザの感染を防ぐために、マスクをするのはやらないよりは効果があります。
メキシコでは、マスクが売り切れとなっているそうです。
そのため、高値で販売する人もいるようです。
日本だと、Yahooオークションで「マスク売ります」でしょうか?

4月27日1時現在、アマゾンなどの通販サイトでは、インフルエンザ対策用品は在庫ありという状態です。必要なものが手に入るうちに確保しておくことを強くお薦めします。

感染拡大、市民も苦心=マスク便乗値上げで逮捕者も-メキシコ
4月26日14時37分配信 時事通信

【サンパウロ26日時事】

 人に感染する豚インフルエンザが猛威を振るうメキシコでは、事態の収束の兆しが見えない中で、市民が生活に苦心している。
週末を屋内にこもって過ごす人、思わぬ商機と稼ぎを狙う人などさまざまだ。
 現地からの報道では、メキシコ市にある病院前の地下鉄駅で、マスクを高値で販売していた女性(35)と弟(15)が警察に逮捕された。
感染予防のためマスクを求める人は後を絶たず、多くの薬局では売り切れ状態が伝えられる。2人は1個2ペソ(約14円)の商品を約25倍の50ペソ(約360円)に便乗値上げしていた。

 

(再掲載)海外ニュースにアクセスせよ

NHK総合放送のニュースではなく、海外ニュースを多く流しているNHK BS-1の「世界のニュース」を見ることをお薦めします。

(再掲載)できるだけ一次情報に近い情報源にアクセスせよ

情報が交錯して、情報のエントロピーが拡大していますので、情報の源である一次情報にアクセスすることが、正しい情報を得るための第一歩です。
二次情報に頼るのは、一次情報を提供するサーバーがアクセス集中でダウンした場合の代替策程度でよいでしょう。

今回、アメリカとメキシコで広がっている、豚インフルエンザについては、一次情報は、WHOやCDC(米国疾病対策センター)の英語情報となります。
英語が苦手な方の場合、厚生労働省のHPにアクセスして、報道発表や、伝染病関連のページにアクセスするとよいでしょう。
PDFファイルの別紙は、大変大切な情報が書いていますので、繰り返し読んでいただきたいと思います。
※若干楽観的だとは思いますが、これはパニックを防ぐためです。

厚生労働省のHP
メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について
別紙  この内容が現段階の正確な情報です (2009年04月25日)

厚生労働省のサーバーにアクセスが集中して、上記の情報を入手するのが困難になる事態に備えて、別紙のPDFファイルのコピーをアップしました。 いざというときご利用ください。
別紙のPDFファイルのコピー


何を準備したらいいんだろうか?


連山のTOPページにリンクされている『想月』に備蓄リストが
掲載されていますので、参考にしてください。

疫病の季節 5 ~厄災の時代を生きる 

(前半、略)

食料や生活用品を備蓄するにあたって、どれくらいの日数分を見込むかという点については、さまざまな意見があります。
厚生労働省は2週間程度の備蓄を推奨していますが、2ヶ月程度の備蓄が必要だとする意見もあります。
例えば4人家族×2ヶ月となると保管場所だけでも相当なものになりますので、闇雲に大きくとっておけば大丈夫というものでもないでしょう。

備蓄しておくものとしてはどのようなものが必要か。以下に列挙してみました。
ネット上の情報を参考に広く上げてみましたので全部が必要というわけではありません。
本当に必要なのかどうかよく吟味すべきかと思います。
また水や燃料についてはライフラインが止まることを想定するかどうかによっても違ってくると思います。

(後半に、備蓄品のリストが続きます)

→ぜひ、リンクのコラムをみて、ご活用ねがいます。

 

いざ、伝染病が蔓延しだすと、こういったモノはすぐになくなってしまうため、在庫がたっぷりある今のうちに、そろえましょう。

在庫切れとなった事例(同じ型番の商品は入手可能です)
【子供用】3M 1860S 耐水性 医療用 N95マスク ※在庫なし
 現在在庫切れです。 在庫状況について
 この商品の再入荷予定は立っておりません。

現在は1種類だけですが、全種類、再入荷予定が立っていない状況となった場合、不安感は一層増すのは間違いありません。それが親心というものです。

子供用N95マスクがどこに行っても売り切れた時、Yahooオークションとかでプレミアムがついた高値で売っているのを見たとき、あなただったら買いますか? 笑いますか?
ぜひ、笑っていられる立場にいてほしいと願っています。

2009/04/26 橘みゆき 拝

【関連HP】
メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について
(厚生労働省HP 報道発表 2009年04月25日)
上記発表の別紙(PDFファイル)
疫病の季節 5 ~厄災の時代を生きる (想月)※必見です
食糧備蓄の勧め 水素文明への転換(2009年4月13日)
伝染病予防の備え 水素文明への転換(2009年4月19日)

※厚生労働省のHPにアクセスが集中することが予想されます。
 万が一に備えて、このブログにも別紙(PDFファイル)をUPします。
 2009/04/25報道発表 「メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について(別紙のPDFファイル)」をダウンロード

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML

メルマガ登録・解除 ID: 0000275446
水素文明を産み出す士官学校ML
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です。

|

« 一次情報と海外情報にアクセスせよ | トップページ | アマゾンで子供用N95マスクが2種類在庫切れ状態 »

「ニュース」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■豚インフルエンザ 国際的に懸念される事態-このようなときこそ、リスク管理能力が問われる?!
こんにちは。豚インフルエンザ、パンデミック(世界的大流行)にならなければ良いのですが・・・・・。「昔から、備えあれば憂いなし」という言葉があるようにこのような時こそ、リスク管理能力が問われると思います。メキシコ政府は、豚インフルエンザに関する情報開示に関して混乱がありました。リスク管理体制が十分ではなかったのだと思います。しかし、私たちの会社や学校そうして家庭などでどの程度の管理能力があるのか?かなり不安です。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年4月27日 (月) 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/29315982

この記事へのトラックバック一覧です: 世界各国で豚インフルエンザ感染者が発生:

« 一次情報と海外情報にアクセスせよ | トップページ | アマゾンで子供用N95マスクが2種類在庫切れ状態 »