« フラット35を頭金不要にしてはいけない | トップページ | 人は信じられることだけ事実と認識する »

2009年3月18日 (水)

地震による警告を無視して原発推進

志賀原発差し止め棄却、柏崎原発7号機の運転再開を了承

 2009年3月18日、名古屋高裁は、志賀原発2号機の運転差し止め請求に対し、住民側の請求を棄却しました。国の耐震設計審査指針の妥当性を認め、原子力政策を進める判決となり、浜岡原発の運転差し止め請求をはじめ、多くの原発に関する訴訟に大きな影響を与えるのは必至です。

志賀原発差し止め棄却、高裁が逆転判決「耐震指針妥当」
3月18日10時39分配信 読売新聞

石川県志賀町の北陸電力志賀(しか)原発2号機(出力135・8万キロ・ワット)を巡り、周辺住民らが「耐震設計に問題がある」などとして、北陸電力に運転差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が18日、名古屋高裁金沢支部であった。

 渡辺修明裁判長は、国の耐震設計審査指針(新指針)の妥当性を全面的に認め、「2号機の設計は指針に適合し、地震による具体的危険性はない」として、商業用原発に対して初の運転差し止めを命じた1審・金沢地裁判決を取り消し、住民側の請求を棄却した。
 新指針の妥当性を全面的に認めた判決は初めて。住民側は上告する方針。

 控訴審では、2006年3月の1審判決後に改定された新指針が最大の争点となった。北陸電力は直下型地震の規模や、活断層による揺れの大きさを引き上げるなどしたうえ、新指針に照らして耐震性は確保されていると主張。渡辺裁判長は、北陸電力の主張を全面的に認めた。

 旧指針を巡って争われた1審・金沢地裁は、「最近の地震の情報を反映していない」として、運転差し止めを命じていた。

 訴訟は周辺住民ら135人(現在は128人)が1999年8月、建設差し止めを求め提訴。2005年4月の試運転開始後、請求を運転差し止めに変更した。
 志賀原発2号機は1審の運転差し止め判決後も運転を継続している。

 ◆志賀原発判決骨子◆

 ▼北陸電力の各対策は、原子力安全委員会が定める安全審査の各指針に適合。
 ▼北陸電力の地震動評価は、地震学・地震工学の最新知見を反映。直下型地震でマグニチュード6・8を想定した評価も妥当。
 ▼能登半島地震などで生じた影響を考慮しても、被曝(ひばく)する具体的な危険性があるとは言えない。

もう1つ悪いニュースがあります。

また、新潟県技術委員会は、中越沖地震で運転を止めていた柏崎原発7号機を再び動かすための起動試験に入ることを了承しました。
大きな地震による警告を無視する形となり、残念です。
最強の批評家である「後世の歴史家」に対して、なんと言い訳をするのか見ものです。おそらく自分自身と子孫の体で原子力政策の大きなツケを払うこととなるでしょう。
いまのうちに言いましょう。「やめておけって言ったのに(過去形)」

柏崎原発 新潟県技術委が7号機の運転再開を了承
3月18日21時40分配信 毎日新聞

07年の新潟県中越沖地震で被災して運転を停止している東京電力柏崎刈羽原発の安全性について、専門家の立場から県に助言する県技術委員会(座長、代谷誠治・京都大原子炉実験所長)は18日、7号機については、事実上の運転再開となる起動試験に入ることを了承するとの見解をまとめた。

 見解では、存否が議論されてきた活断層「佐渡海盆東縁断層」について「存在しない」と結論付けた。また、原子炉内の配管が地震で揺さぶられ、元に戻らないほど変形する「塑性変形」の程度についても「安全性を損なうまでには至らない」と評価。代谷座長は「(7号機の起動を了承した)国の判断と技術委の判断が一致したということだ」と説明した。

 泉田裕彦知事らは技術委の見解を「(地元自治体として再開を了承するかどうかの)判断の大切な材料にしたい」としていた。

 今後は、1号機で今月5日に発生した火災で、消防から改善命令を受けた東電が防火体制の見直しを報告するのを待って、県と柏崎市、刈羽村の3首長が再開の是非を判断することになる。【渡辺暢】

これら2つのニュースは、国の原子力政策を後押しするものです。
首都圏は浜岡原発(春夏秋)と柏崎原発(冬)がメルトダウンした場合、放射線物質を大量に含むクモの風下に位置します。
関東エリアが広範囲に放射能汚染されるのを黙って見過ごした、私達の責任は大変重い。
ここまでしないと、新しい時代に変革することができないのだろうか? 仮に変革できたとしても、犠牲があまりにも大きすぎます。

2009/03/18 橘みゆき 拝

【関連HP】
 雇用確保のために原発を動かすツケは大きい (本ブログ:2009年02月23日)

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML
内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です

|

« フラット35を頭金不要にしてはいけない | トップページ | 人は信じられることだけ事実と認識する »

「ニュース」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/28682559

この記事へのトラックバック一覧です: 地震による警告を無視して原発推進:

» ポンドの消滅と世界の再編 [連山改]
English版LEAP/Europe 2020 De la Crise aux... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 05:01

« フラット35を頭金不要にしてはいけない | トップページ | 人は信じられることだけ事実と認識する »