« 日本の外貨準備が企業の資金繰りに使われる | トップページ | フラット35を頭金不要にしてはいけない »

2009年3月 6日 (金)

シティ株1ドル割れ、GM株2ドル割れ

2009年03月06日未明、NYダウがバブル崩壊後最安値を更新しています。
ちなみにNYは、3月5日です。
3月5日は、1953年03月05日に、『スターリン暴落』がありました。
欧米の連中は何かを仕掛けるときに記念日にする傾向があります。
今回もその一環でしょう。

シティ株1ドル割れ

3月5日13時53分(NY時間)(日本時間 3月6日 3時53分)現在、NYダウは、前日比 -246.11ドル(-3.58%) の 6,629.73ドルです。
バブル崩壊後最安値をどんどん切り下げております。

また、Bloombergでダウ構成銘柄の株価がみれるのですが、NY時間12時12分時点で、シティが1ドル割れ、GMが2ドル割れとなりました!

  シティ 0.99ドル(前日比-0.14ドル、-12.3%)
  GM  1.73ドル(前日比-0.39ドル、-17.64%)

来週3月13日は、SQもあり、この前後に株価の底割れがあると予想していたのですが、どうも1週間前倒しで3月危機が進んでいます。
相場が下げるのが予想される場合、実際に下げてから売るよりも、まだ下がっていないうちに売るのが損失を最小にする行動です。

3月5日は、イギリスの中央銀行、イングランド銀行が金利を年0.5%に下げ(下げ幅0.5%)、日本と同様、もう金利を下げられなくなるとこまで下げてしまいました。
また、750億ポンド(約10兆5千億円)のCPを直接買い取る「量的緩和」に踏み切ったというのに、いつもならかなり上げる局面なのに、200ドル以上下げています。
もはやもう打てるだけの対策はありません。

日本の株式市場はチーム年金をはじめとする株価維持し隊による買い支えをやっていますが、さすがに月末まで日経平均7千円の水準を維持するのは困難でしょうから、3月危機が急速に進行中といった状況です。

今夜もむなしく、マネーが無駄に散っています。
命が無駄に散っているよりはましですが、新しい時代の到来には、犠牲なくしては進まないようです。

2009/03/06 橘みゆき 拝

【関連するHP】
 NYダウ、NASDAQ、CME225、円ドル相場
 ダウ構成銘柄の株価 (Bloomberg)
 『スターリン暴落』 (Wikipedia)

 

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》

水素文明を産み出す士官学校ML
内容は、私が管理している2つのブログ「水素文明への転換」と「兵隊よりも士官になろう」に関連した話題が中心です

|

« 日本の外貨準備が企業の資金繰りに使われる | トップページ | フラット35を頭金不要にしてはいけない »

「ニュース」カテゴリの記事

「未来図」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/28491551

この記事へのトラックバック一覧です: シティ株1ドル割れ、GM株2ドル割れ:

» 久里浜⇒金谷港まで40分 [Ribon2::BIGFOTOBLOG]
写真 金谷港フェリー(千葉) [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 06:55

« 日本の外貨準備が企業の資金繰りに使われる | トップページ | フラット35を頭金不要にしてはいけない »