« 人気ブログランキングに参加しました | トップページ | 資本主義が自殺した »

2008年10月13日 (月)

日本は休みでもシンガポールは開いている

シンガポール取引所、日経平均先物の値幅制限を上下22%に拡大

 10月10日、大証の日経平均先物が前日比-1000円となり、サーキットブレーカーが発動し、一時的に取引停止となりました。この日、シンガポール取引所(SGX)で取引される日経平均先物(SGX)について、サーキットブレーカーが発動する基準を前日比プラスマイナス22%に拡大しました。

[シンガポール 10日 ロイター] シンガポール取引所(SGX)は10日、日経平均先物の値幅制限を上下22%に拡大すると発表した。 今回の措置は1カ月後に再度見直す。

 

シンガポール取引所の取引時間は、日本時間で 08:45から20:00までとのこと。週末、ワシントンで開催されたG7なりG20の声明を受けて、世界中の相場が動きます。日本は「体育の日」でお休みですので、日経平均先物(SGX)のどう動くか注目しておくべきでしょう。
日経平均先物(SGX)の10月10日終値は、7,870円ですので、10月13日は、9601.40円(+22%)から 6,138.60円(-22%)の範囲となります。
10月10日のシカゴでの日経平均先物(CME)は、8,000円ちょうどでした。
参考:東証の日経平均株価は、8,276.43円。大証の日経平均先物は、8,020.00円。
大証の日経平均先物終値を基準値とすると、1,881.40円安となる水準まで、シンガポールで取引が可能です。ここまで下がるとは考えにくいことですが、一つの目安として気に留めておいた方がよさそうです。

CME日経平均先物 リアルタイムチャート の下のほうに、日経平均先物(SGX)の価格が見れますので、便利です。。
アジア、欧州、アメリカと順番に相場が動いて、日本は1日遅れとなるので、かなり心臓に悪い一日になりそうですが、世界同時株価崩壊となっても、時代が変わるだけですから、歴史が変わる場面に遭遇できてラッキーだと思っていられれば、次の時代に向けて一歩先に進んだということです。

2008/10/13 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》
↑のリンクをクリックすると、このブログの人気ブログランキングに反映されます。

|

« 人気ブログランキングに参加しました | トップページ | 資本主義が自殺した »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/24465692

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は休みでもシンガポールは開いている:

« 人気ブログランキングに参加しました | トップページ | 資本主義が自殺した »