« 10月は株に投資するには最も危険な月の一つ | トップページ | 相場で損をするなら若者にチャンスを与えよ »

2008年10月 9日 (木)

各国協調利下げでも株価下落を止められない

東京市場で日経平均が950円以上下落

10月7日のNY市場での株価急落。 NYダウ終値は、9,447.11ドル(前日比-508.39/-5.11%)。
ダウ構成銘柄をみると、10%以上下げているのは4つ。
  Bank of America 23.77ドル(-8.45ドル/-26.23%)
  CITIGROUP    15.15ドル(-2.26ドル/-12.98%)
  GENERAL MOTORS  7.56ドル(-0.92/-10.85%)
  JPMORGANCHASE  39.32ドル(-4.68ドル/-10.64%)

これを受け、東京市場で株安と円高が同時に進みました。 日経平均は、9,203.22円(前日比-952.58円/-9.38%)1$が100円割れとなりました。
世界各国の市場も日本と同様に急落しました。ロシアに至っては今週末まで市場閉鎖となりました。
欧州での取引が急落して始まった日本時間20時、欧米を中心に世界各国で協調利下げを次々に表明、日銀は利下げを見送りましたが各国の方針を支持するとの声明を発表しました。これを受け、相場は前日比プラスへと急上昇。株価下落の動きをかろうじて食い止めました。

しかし、ドル資金が逼迫している状況は変わりませんでした。こうなると、政府や中央銀行ができることはもうありません。いままでは政府がなんとかしてくれたら効果があったのですが、世界各国での協調利下げに、イギリスは9兆円もの公的資金を投入といった金融当局ができる最大級のことをやっても、株価急落を食い止めるのがやっとで、反発する力すらありません(これが今日のポイント)。ダメなものは何をしてもダメでというわけです。
無駄なあがきをして傷を広げるよりも、犠牲は出るものと達観して、最小限の被害に抑えるための選択をするとよいでしょう。

【フランクフルト8日時事】 欧州中央銀行(ECB)は8日、連日行っている翌日物の米ドル資金入札の落札額を500億ドル(約4兆9500億円)から700億ドルに引き上げた。しかし、市場不安を反映し、最低落札金利は9.50%で、前日の6.75%から急上昇した。

出展:ドル資金入札金利、急上昇=供給増額も効果なし-欧州中銀 (時事通信)]< /div>

 

再びアメリカ市場の取引が開始すると、ダウは前日比で200ドル近く下げていたが、すぐにプラスへと転じた。日本の機関投資家やチーム年金を中心とする株価下げたくない人たちが買い支えたような動きをしました。ですが、NY時間で15時を過ぎてから市場が閉まるまでの間に、株価下げたい人たちといいますか、手持ちの株を売って現金化したい人たちによる下げ圧力が優勢となり、結局、終値は 9,258.10ドル(前日比-189.01/-2.00%)となりました。ポイントは【各国政府が協調利下げをしたのにも関わらず、 NYダウは下げ止めることができなかった】という結果です。

日米包囲網

勢力比は5対3

残存数は4対0

10月09日00時(日本時間だと10月10日13時)から始まる、空売り規制解除に伴う、日米枢軸包囲網による反米連合の売り攻勢と、身内の裏切りにより、株価暴落のスタートが切られる前に、臆病なマネーは、我さきに逃げ回っているというのが今週月曜日からの動きです。祭りをより演出的に行うには、空売り禁止規制が有効な間、できるだけ上げた常態で、急激に下げると、チャートが美しくなります。株価下げたくない人たちによる買い支えの資金が残っている間が売り逃げるチャンスです。

2008/10/09 橘みゆき 拝

|

« 10月は株に投資するには最も危険な月の一つ | トップページ | 相場で損をするなら若者にチャンスを与えよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/24374296

この記事へのトラックバック一覧です: 各国協調利下げでも株価下落を止められない:

» 米欧6中央銀行の協調利下げと米FRBのCP買い取り制度 [ハズレ社会人]
オツカレです。 異例尽くしな対策のオンパレードとなってきた。 [東京 8日 ロイター ]日銀と米欧の6中央銀行は、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)など6カ国中央銀行が協調利下げに踏み切ったことについて、グローバルな金融環境をある程度緩... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 08:49

» 世界を変える日銀砲!! [連山]
この一撃が世界を変える!! 平成の大和特攻 日銀、当座預金に利子を検討 余った金集め外資に供給 日銀は金融機関から預かる当座預金に金利を付けることを検討する。海外金融機関に十分な資金を回すのが主な狙いだ。日銀が市場に資金を大量に供給すれば過度の金余りから金利の低下を招く可能性があるからだ。  現在、邦銀などが潤沢にため込んでいる資金は海外金融機関に流れていない。貸し倒れリスクのない日銀から利息をもらえるとなれば、日銀に資金を預ける邦銀などが増え、こうした無駄な金を吸い上げることができる。そうすれば... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 12:00

» 私は2000万稼ぎました。 [暴落破壊投資術で莫大な資産を作る方法]
あなたは莫大な資産と引き換えに・・・あなたの全てを捧げる覚悟はあるだろうかこの投資法は、他人が暴落地獄をさまようと引き換えに莫大な資産を築く禁断の投資術です。もし、中途半端な興味穂にや、自分だけで儲かっても・・・という甘い考えがあるのですしたらこの先は絶対に目を通さないでください。※お約束私はこの投資法を提供するにあたり、あなたに1つの銘柄で20%以上の利益を出せることを確約いたします。私は、ライブドアショックの時、笑いが止まりませんでした。2006年1月、市場がパンクし、投... [続きを読む]

受信: 2008年10月18日 (土) 23:29

« 10月は株に投資するには最も危険な月の一つ | トップページ | 相場で損をするなら若者にチャンスを与えよ »