« 日本は休みでもシンガポールは開いている | トップページ | 先週はブラックウィークだった »

2008年10月14日 (火)

資本主義が自殺した

資本主義の崩壊という歴史的瞬間が突然来た

 10月10日、ワシントンで開催されたG7、G20が終わり、どんなことを日本に要求されて何百兆円ものマネーを出せと言われるのかと思っていたのですが、とんでもない時限爆弾を突きつけられてしまったようです。
それは資本主義を否定して、21世紀の大政翼賛会に参加しろというものです。

 日米欧の5中央銀行は13日、銀行間で資金を融通する短期金融市場に対して9月から行っているドル資金の供給を大幅強化することで合意した。 世界的な金融危機の深刻化で欧米金融機関の資金繰りが改善しないため、金融機関の要求に応じて事実上、無制限でドルを供給する方針だ。 今回の合意は、日本銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行、スイス国民銀行の5中央銀行の間で行われた。各中銀は自国通貨をドルと交換するスワップ協定をFRBと結び、調達したドルを入札形式で金融機関に供給している。今後は、中銀が差し出す担保の範囲内で要求額を全額供給する。 日米欧の6中銀は9月18日、1800億ドルのドル資金供給枠を設けた。その後、供給枠は段階的に6200億ドルまで拡大されたが、欧米金融機関向けの金利は高止まりの状態が続いている。 10日に開かれた先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、短期金融市場の回復に向け必要な手段を講じることを行動計画に明記しており、今回の合意はその第1弾となる。

 

追い詰められた各国の金融当局

『金融機関の要求に応じて、中央銀行が無制限にドルを供給する』
この文を見て、私は言葉を失いました。ここまでしないといけないほど金融当局が追い詰められているのかと。
にわかには信じられないことだが、どうやら『資本主義の自殺を選択した』ようです。
どうやら、私たちは資本主義の崩壊という歴史的瞬間に立ち会ってしまったようです。

今回の措置により、10/13の欧州市場は軒並み10%以上上げ、米国市場はNYダウが一時9,000ドル台を回復(+6%以上)しています。なんとノー天気なことでしょう。とりあえず今日をしのぐために、明日生きるのに欠かせないものを売り払うようなものです。シカゴ市場の日経平均先物(CME225)も日本時間02:00時点で、先週末比+970円高の 8,970円で取引されています。

全体主義の色彩が濃くなる

国家に資本が集まる(ゴミも集まる)体制だから、資本国家主義とか暗黒共産主義といった全体主義の色彩が強い体勢に変わるのでしょうが、資本主義崩壊を防ぐために結成した21世紀の大政翼賛会みたいなものですから、長続きできません。

日本のバブル崩壊の際、金融機関が合併した結果、どうなったか? 無駄なことだと思いますが、いちおう指摘しておきます。 潰れるべき金融機関が生き残り、不良資産というゴミが腐臭を発してしまいます。ゴミとゴミを合わせても大きなゴミができるだけで、資産に変わることはありません。今回、相手が中央銀行ですが、同じ結果となるでしょう。

歴史の断層を渡りきれ

日本の歴史は古代、中世、近代というふうに区別すると、壬申の乱、応仁の乱、明治維新といった大きなイベントにより、社会のあり方ががらりと変わる時が、たまにあります。これから始まる資本主義の崩壊する過程で発生する大混乱時代は、それに匹敵するものです。
このコラムを読んだ方は、とにかく生き延びることを優先して対処し、最善と思うことを実行すべし。歴史の断層の向こう側に渡ったら、新しい時代の到来を共に祝いましょう。

既に動いている若者に続け!

2008/10/14 橘みゆき 拝

Blog_ranking_banner_01 《人気ブログランキングに投票》
↑のリンクをクリックすると、このブログの人気ブログランキングに反映されます。

|

« 日本は休みでもシンガポールは開いている | トップページ | 先週はブラックウィークだった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

海坊主さん、コメントありがとうございます。
連中は自分達が不利になるとルールを変更するので困ったものです。
泣く子と地頭には勝てません。

投稿: 橘みゆき | 2008年10月16日 (木) 05:08

typhoon中国が社会主義市場経済という事なら
アメリカは資本主義統制経済になったという事ですかね。
まあ、共産主義も資本主義もどちらも金融ユダヤ人が作ったんですから、彼らの都合で好きなようにルール変更して文句あるかって言われそうな気がします。

投稿: 海坊主 | 2008年10月15日 (水) 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/24488458

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義が自殺した:

» 富裕層の売りと国家の買い [連山]
弱者の報復 先ずは上記を見てもらいたい。海外から日本を見ると奇妙な国になったという話は聞いていた。その理由は、金融不安の時に公的資金を導入した事が原因だと確信する。この10年で格差社会は固定化した。バブルという富裕層の博打の負債を国家が被った。それによって富裕層のツケは国民全体のツケになった。後ろ暗い権力者は上記のような若者を殴れなくなった。叱れなくなった。説教できなくなった。そして、高齢化した彼らは膨大な数で社会を押し潰すだろう。 富裕層の売り=交換 出典:米大統領選、オバマ氏が富裕層にも食い込む... [続きを読む]

受信: 2008年10月16日 (木) 01:25

« 日本は休みでもシンガポールは開いている | トップページ | 先週はブラックウィークだった »