« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

イランがアメリカから小麦を輸入

【ワシントン斉藤信宏】 イスラム革命後の80年に米国との国交を断絶したイランが、28年ぶりに米国産小麦の直接輸入を再開していたことが明らかになった。米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。 同紙によると、イランによる米国産小麦の輸入量は、6月からこれまでに100万トンを超えているという。米政府は核開発疑惑などに絡み、イランへの経済制裁を実施しているが、農産物の輸出は禁じていない。イランでは、日照りの影響で今年の国産小麦の生産量が昨年の1500万トンから約1000万トンまで落ち込むと予想されている。 米国務省報道官は同紙の取材に対し、軍事技術に転用されそうな工業製品の輸出は禁じてきたが、農産物の輸出は禁じていないと説明。「政府には制裁を科してきたが、イラン国民には援助の手を差し伸べてきた」と述べた。

出展:イラン米国産小麦の直接輸入6月から再開…28年ぶり (毎日新聞)

中東諸国はイランから食糧を輸入している

UAEのドバイで働いていた友人に聞いた話では、「UAEはイランから食糧を輸入しているから、戦争が始まったら飢えるしかない」とのことです。イランは食糧輸出国だといえます。そのイランがアメリカから100万トンもの小麦を輸入したというニュース記事が上の記事です。日照りの影響で小麦の生産量が2/3になってしまったということは、中東や中央アジア諸国の乾燥化によるものです。今後、温暖化の進展と共により乾燥化が進み、小麦がますます採れなくなります。水不足=食料不足は、飢えた民衆が暴動を起こす要因となります。グルジア情勢と共に、中東地域も戦争という手段で問題解決を図る可能性が増してきています。とかく日本にいると、このような重要な出来事が軽視されがちなので、外国のニュースはアンテナの感度を鋭くしておく必要があります。

橘みゆき 拝  2008/08/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

橘研究所のスペースに来ていだだきありがとうございます

 コミケの「橘研究所」のスペースに来ていただいた方、ありがとうございます。「水素文明の夜明け」と「21世紀の横型リーダーシップ」も、多くの方に読んでいただきました。それで買っていただいた方もいらっしゃいますし、買わずにサークル情報だけお渡しした方もいらっしゃいました。連山のコラムリストの方も2名来ていただきました。連山の読者の方も、何名か来ていただき、ブログカードをお渡しいたしました。

 イベントに参加するのは、ネットでしかお話できない方々と直接お話をしたり、今までお付き合いの無かった方が、イベントをきっかけに、連山などにアクセスしてくれるきっかけを作りたいからです。 そういう意味で、大勢の人が行列を作るような人気サークルよりも、開店休業ではないものの、時々来る方と、お話をすることができる方が、むしろ良いような気がします。(全然人が来ないのもさびしいものがありますが)
 ネットの書き込みが面白かったとか、もっと違う切り口で書いてほしいとか、いろんな方から、直接意見や感想が聞けるというのも、イベント参加の大きな利点です。

 連山とか、ここのブログとかに来ていただくために本を作りました。コミケをきっかけに、ネットでのおつきあいができた方が大勢できたことを願っています。連山にコラムを投稿していただけると、とてもうれしくなります。今回のコミケは夏なのに最高気温が29度(東京)で曇っていた(あとには雨が降った)ため、涼しかったように思えます。 西2フロアはコミケの中でも「いろんなジャンルのごった煮」のため、個性豊かなサークルが配置されています。13時を過ぎて、一般参加者の方が、欲しいモノをあらかた手にいれた後、さて、どんなのがあるのかと、ふらりと流れてくるため、13時から15時にかけてが、一番忙しい時間帯でした。企業ブースで戦いを終えた戦士達が休息する場所ともいえましょう。

今回配布した「水素文明の夜明け」と「21世紀の横型リーダーシップ」ですが、価格を\400円に設定しました。予想に反して、手にとって読んでいただいたのに、買っていただけなかったということは、高いと思ったのか、内容がつまらないと思ったのか、どっちなんだろう?? そのあたりに反省点がみられました。 ※\300円にすると、参加費が本の販売利益でまかなえないため、イベント参加が困難になります。
また、表紙や裏表紙にイラストがある「水素文明の夜明け」の方が、多くの方に読んでいただけました。また、中身も図や表を使って説明した方がわかりやすくなります。イラストを書くとか、具満タンのようなライセンスフリーの素材集を使うなどの工夫が文章系サークルにも求められているといえます。 中身で勝負する前に、まずは見栄えをよくしよう。そういうことのようです。

2008年08月17日コミックマーケット74での橘研究所のスペース

橘研究所のスペース (3日目/西2地区 そ-04a) での展示状況です。両脇に500MLのペットボトルがありますが、自動販売機で見つけた「コミケ限定販売の ComicWater (西又葵さんのイラスト)」です。

橘みゆき 拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

『橘研究所』(コミケ74/3日目)の配布物

8/17(日)、コミケ74(8/17 西地区[そ]-04a:橘研究所)で配布する本は、以下の2冊です。

(1) 『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』 A5版,36p
(2) 『21世紀の横型リーダーシップ』 A5版,36p

このブログを見ている方へ
 橘研究所のスペースに来て、『竹に雀』と言っていただくと、先着15名様に、ブログカード を用意しました。いろんな方とお話できることを楽しみにしています。

橘みゆき拝  2008/08/16

【関連HP】
 ★戦国旗指物タオル「伊達軍竹に雀」 (URLが秘密基地ってのが素敵です)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月15日 (金)

戦争の惨禍が迫りつつある

 天皇陛下は、お正月に「世界の平和と国民の健康を願い」、夏に「戦没者の追悼と、戦争を繰り返さない」ことを、毎年繰り返しています。その願いに反して、戦争の惨禍が繰り返されています。8月7日に開始したグルジアとロシアとの戦い(現在、停戦中)が拡大するのか、地域紛争に留まるのか。石油の争奪戦が水の争奪戦と相まって、第三次世界大戦前の状況が固まりつつあります。

◇天皇陛下のおことば
全国戦没者追悼式
平成20年8月15日(金)(日本武道館)
 本日,「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。
 終戦以来既に63年,国民のたゆみない努力により,今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが,苦難に満ちた往時をしのぶとき,感慨は今なお尽きることがありません。
 ここに歴史を顧み,戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し,心から追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります

 

グルジアの戦いは短期決戦だったが……

グルジア軍の先制攻撃を受け、ロシア軍は得意技の集中攻勢により反撃し、5日でグルジア領土の1/3を占領するに至った。ロシアはグルジアが攻めてくるのをじっと待ち、準備周到だったからといえます。 5日間の戦闘でも前線での食糧略奪があったとかなかったとか。イラクに派遣している2000人ものグルジア兵が首都を防衛し、長期戦になった場合、ロシアの補給は戦闘を支えることができただろうか? ゲリラ戦争になった場合、攻勢側が立場上弱いのは、アメリカもロシアも同じです。ロシアが停戦に応じたのは、アメリカやEUから非難されたからだけではない。1979年12月にアフガニスタンに侵攻したソ連の過ちを再び犯したくなかったからである。 1970年代、ソ連が抱えていた矛盾は、石油価格上昇により隠されていたが、石油価格が下落するに従い、露わになった。資源バブルを背景としたロシアの勢いも虚勢なのかもしれない。

橘みゆき 拝  2008/08/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

コミックマーケット準備会からのお知らせ

コミックマーケット準備会より緊急のお知らせが、Circle.ms(イベント参加申込の電子決済窓口)経由で入りました。 内容は、8月3日に発生した「ワンダーフェスティバル」でのエスカレーター事故に関することと、テロ防止のために手荷物検査を行うというものです。 来週8/15(金)-8 /17(日)の3日間ですので、事故やテロが発生しないようにしましょう。

橘みゆき 拝

↓以下のリンクから 全文が閲覧可能です
http://www.comiket.co.jp/info-a/C74/C74Oshirase.html

【お知らせの要旨】
1.【緊急告知その1】参加者の手荷物確認等のお願い
 今回のコミックマーケット74において、危険物の持ち込みを防ぐため、参加者の手荷物確認を行うことになりました。法律・条例に違反するもの、コミックマーケットのルールに基づく持込禁止物は、持ち込みできません。準備会スタッフ・警備員による確認にご協力をお願いします。
【参考】<持ち込み禁止物:コミケのカタログより>
  (1) 大きさや材質に関わらず、武具、武器、銃器、弓矢、刀剣など、
     またはそれを模造したもの
  (2) 伸縮性を問わず、30cm異常の長物
  (3) 周囲に危害を加える可能性がある装身
  (4) ボール類の全て、円盤、矢など
  (5) 可燃性危険物
  (6) 乗り物
  (7) 酒類、動物(介助犬などを除く)、バッテリー、発電機、多量の電池など
  (8) その他、スタッフの判断で、危険があると思われる物

2.【緊急告知その2】開催期間中の一部エスカレーター運用停止のお知らせ
 8月3日に東京ビッグサイトにて発生したエスカレーター事故に関連して、西ES3号機(通称:西展示場1-4エスカレーター)と、会議棟ES4号機(通称:会議棟3-6エスカレーター)の運転が中止となります。

詳細は、↓以下のリンクを参照願います。
(コミケ公式HP) http://www.comiket.co.jp/info-a/C74/C74Oshirase.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月 2日 (土)

『水素文明の夜明け (1)』の一部公開

8/17(日)、コミケ74(8/17 西地区[そ]-04a:橘研究所)で配布する『水素文明の夜明け (1) - 持続不可能な石油文明 - 』A5版:36p/価格未定 の一部分ですが、公開いたします。興味がある方は、橘研究所まで来て、読んでいってください。

橘みゆき 拝  2008/08/02

『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次

はじめに
1.何もしなくても時は進む
2.地球シミュレーターが予測した2100年の地球
3.イースタ島の歴史
4.京都議定書の目標達成は困難である
 (1) 環境破壊の文明史
 (2) 100年後の地球
 (3) 京都議定書の目標を達成するには
 (4) 現在を生きる私たちの責任
5.原子力発電は危険である
6.産油国の未来
7.燃料か食糧か
8.食糧価格が高騰中
9.お薦めHP
あとがき (時代の断層を越えて)

【5.原子力発電は危険である】を一部公開します

 電力会社の新聞広告などを見ると、原子力発電は二酸化炭素の発生が少ないという記事をよく見ます。 水力発電、火力発電など主要な発電方法と発生する二酸化炭素の量が棒グラフで並べられていて、原子力発電は二酸化炭素の発生がとても少ない優等生ですよ。ということが図で示されています。
 発電コストに関しても原子力発電は低コストとあります。これって本当なのでしょうか? 私はこれは嘘と欺瞞の産物だと断じます。

 まず原子力発電所は、プルトニウムを生産する過程で電力が得られるという代物です。放射性廃棄物が大量に発生しますが、それは数十万年もの間、放射能を撒き散らすため、常に冷却したり、外に漏れないように万全の管理が必要となります。
 私達が出した放射性廃棄物は、後々の世代に押し付けているわけで、原子力発電所から電気を得るのと引替えにとんでもない廃棄物ができるというふうに認識することが必要です。
 1986年にチェルノブイリ原発が大きな事故を起こしてから20年経過しました。漏れた放射能は広島型原爆の500発分だそうです。十数万人もの人が犠牲になりました。急ごしらえの石棺も放射能でボロボロになり、いつ崩壊してもおかしくありません。チェルノブイリ周辺地域は広範囲にわたって人が住めなくなりました。そういう危ないものは、さっさと止めてしまうのが一番です。もっとも、放射能だらけだけど、自然保護区と同じようなものだから、自然林が勝手にできて、二酸化炭素を吸収する森林が出来るという悲劇だから喜劇だかよくわからない結末をもたらすでしょう。

 後々の世代に負担を押し付けないような方式に変更した方がいいと思うのですが、みなさまはどう考えますか? 日本には現在、55基の原子力発電所が稼動していますが、地震国なのに、こんなに動かしたら、いつ事故を起こしてもおかしくはありません。日本全国各地に設置している自動販売機が消費する電力は原発数個分だそうです。それなら、深夜営業しているコンビニや自動販売機を夜間止めてしまうようにすれば、いくつかは運転停止にすることが可能です。利便性を多少犠牲にしても、いいのではないかと愚考いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月 1日 (金)

『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次

8/17(日)、コミケ74(8/17 西地区[そ]-04a:橘研究所)で配布する予定の本は以下のとおりです。

 『21世紀の横型リーダーシップ』 A5版36p/価格未定
 『水素文明の夜明け (1) - 持続不可能な石油文明 - 』 A5版36p/価格未定

『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次は、以下のとおりです。

はじめに
1.何もしなくても時は進む
2.地球シミュレーターが予測した2100年の地球
3.イースタ島の歴史
4.京都議定書の目標達成は困難である
 (1) 環境破壊の文明史
 (2) 100年後の地球
 (3) 京都議定書の目標を達成するには
 (4) 現在を生きる私たちの責任
5.原子力発電は危険である
6.産油国の未来
7.燃料か食糧か
8.食糧価格が高騰中
9.お薦めHP
あとがき (時代の断層を越えて)

橘みゆき拝  2008/08/01

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »