« 『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次 | トップページ | コミックマーケット準備会からのお知らせ »

2008年8月 2日 (土)

『水素文明の夜明け (1)』の一部公開

8/17(日)、コミケ74(8/17 西地区[そ]-04a:橘研究所)で配布する『水素文明の夜明け (1) - 持続不可能な石油文明 - 』A5版:36p/価格未定 の一部分ですが、公開いたします。興味がある方は、橘研究所まで来て、読んでいってください。

橘みゆき 拝  2008/08/02

『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次

はじめに
1.何もしなくても時は進む
2.地球シミュレーターが予測した2100年の地球
3.イースタ島の歴史
4.京都議定書の目標達成は困難である
 (1) 環境破壊の文明史
 (2) 100年後の地球
 (3) 京都議定書の目標を達成するには
 (4) 現在を生きる私たちの責任
5.原子力発電は危険である
6.産油国の未来
7.燃料か食糧か
8.食糧価格が高騰中
9.お薦めHP
あとがき (時代の断層を越えて)

【5.原子力発電は危険である】を一部公開します

 電力会社の新聞広告などを見ると、原子力発電は二酸化炭素の発生が少ないという記事をよく見ます。 水力発電、火力発電など主要な発電方法と発生する二酸化炭素の量が棒グラフで並べられていて、原子力発電は二酸化炭素の発生がとても少ない優等生ですよ。ということが図で示されています。
 発電コストに関しても原子力発電は低コストとあります。これって本当なのでしょうか? 私はこれは嘘と欺瞞の産物だと断じます。

 まず原子力発電所は、プルトニウムを生産する過程で電力が得られるという代物です。放射性廃棄物が大量に発生しますが、それは数十万年もの間、放射能を撒き散らすため、常に冷却したり、外に漏れないように万全の管理が必要となります。
 私達が出した放射性廃棄物は、後々の世代に押し付けているわけで、原子力発電所から電気を得るのと引替えにとんでもない廃棄物ができるというふうに認識することが必要です。
 1986年にチェルノブイリ原発が大きな事故を起こしてから20年経過しました。漏れた放射能は広島型原爆の500発分だそうです。十数万人もの人が犠牲になりました。急ごしらえの石棺も放射能でボロボロになり、いつ崩壊してもおかしくありません。チェルノブイリ周辺地域は広範囲にわたって人が住めなくなりました。そういう危ないものは、さっさと止めてしまうのが一番です。もっとも、放射能だらけだけど、自然保護区と同じようなものだから、自然林が勝手にできて、二酸化炭素を吸収する森林が出来るという悲劇だから喜劇だかよくわからない結末をもたらすでしょう。

 後々の世代に負担を押し付けないような方式に変更した方がいいと思うのですが、みなさまはどう考えますか? 日本には現在、55基の原子力発電所が稼動していますが、地震国なのに、こんなに動かしたら、いつ事故を起こしてもおかしくはありません。日本全国各地に設置している自動販売機が消費する電力は原発数個分だそうです。それなら、深夜営業しているコンビニや自動販売機を夜間止めてしまうようにすれば、いくつかは運転停止にすることが可能です。利便性を多少犠牲にしても、いいのではないかと愚考いたします。

|

« 『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次 | トップページ | コミックマーケット準備会からのお知らせ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/22594430

この記事へのトラックバック一覧です: 『水素文明の夜明け (1)』の一部公開:

» グルジア戦争と沖縄の未来(後編) [連山改]
グルジア戦争と沖縄の未来(前編)の続き 日本を襲う最後の石油危機 出典:大企業の... [続きを読む]

受信: 2008年8月11日 (月) 23:46

» スタンド・アローン・コンプレックスの大国日本 [連山改]
毎日新聞はなぜ炎上したか? ユング曰く、人の心は、意識としての自我、個人的無意... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 20:12

» 日本の未来 [連山改]
崩壊する財政 財政グラフ 激増する医療費 老人大国となる日本 工業型社会では工業... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 19:01

« 『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次 | トップページ | コミックマーケット準備会からのお知らせ »