« ブログ通信簿 | トップページ | 『水素文明の夜明け (1)』の一部公開 »

2008年8月 1日 (金)

『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次

8/17(日)、コミケ74(8/17 西地区[そ]-04a:橘研究所)で配布する予定の本は以下のとおりです。

 『21世紀の横型リーダーシップ』 A5版36p/価格未定
 『水素文明の夜明け (1) - 持続不可能な石油文明 - 』 A5版36p/価格未定

『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次は、以下のとおりです。

はじめに
1.何もしなくても時は進む
2.地球シミュレーターが予測した2100年の地球
3.イースタ島の歴史
4.京都議定書の目標達成は困難である
 (1) 環境破壊の文明史
 (2) 100年後の地球
 (3) 京都議定書の目標を達成するには
 (4) 現在を生きる私たちの責任
5.原子力発電は危険である
6.産油国の未来
7.燃料か食糧か
8.食糧価格が高騰中
9.お薦めHP
あとがき (時代の断層を越えて)

橘みゆき拝  2008/08/01

|

« ブログ通信簿 | トップページ | 『水素文明の夜明け (1)』の一部公開 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/22593950

この記事へのトラックバック一覧です: 『水素文明の夜明け (1) -持続不可能な石油文明- 』の目次:

» 的中したサイバー攻撃とマケイン陣営の崩壊 [連山]
的中したサイバー攻撃の警告 出典:サイバー攻撃、複数都市で停電も(平成二拾年八月七日警告) なお、グルジア政府関連の複数のウェブサイトは数週間前から、ロシアのハッカーからと見られるDOS攻撃を受けてきたが、軍事衝突が起きて以来、DOS攻撃は激化している。『Washington Post』が伝えるところによると、グルジアの商業ネットサーバーの中心である『Caucasus Network Tbilisi』は現在、ユーザーに対応できていないという。 [この記事は、ワイアード・ブログ『Danger Room... [続きを読む]

受信: 2008年8月13日 (水) 01:16

» ペドフィリアのネットワーク [連山]
世界の国々にはグローバルな児童性虐待ネットワークがある。イルミナティと呼ばれる頂点は社会サービス、警察、弁護士、裁判、政治家、メディア、コミュニティリーダー、ビジネスリーダー、宗教団体、医療といった機関の権力者達をコントロールし自分達が思うように何でもなる世界を創造しようと企む。お金を思いのままに操って法や道徳を犯して支配権力を維持しようとするのだ。 ピラミッド(上/下) 狙われる少女達  人身売買、児童虐待の中でもよく問題にされるのは成人男性による少女への性虐待、悪魔の儀式とも言われる殺人を... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 10:39

» 日本の未来 [連山改]
崩壊する財政 財政グラフ 激増する医療費 老人大国となる日本 工業型社会では工業... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 19:05

» ゲリラ戦と軍事における革命 [連山]
ゲリラ戦争 リデルハートは「戦略論-間接的アプローチ」の最終章において、ゲリラ戦争を取り上げている。最も顕著なゲリラ戦の実例としては、ナポレオン軍に対するスペイン民衆の抵抗が有名であるが、第二次世界大戦以後においても、「平和を欲する者は戦争を理解せよ、特にゲリラ形式及び内部撹乱形式の戦争を理解することが重要」とリデルハートは繰り返し強調している。リデルハートがゲリラ戦争を強調する理由は原子爆弾が第二次世界大戦において登場したからである。原子爆弾の登場以前とそれ以後において、戦争のそれ自体に対して... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 19:18

» 経済の支配者たち [連山]
富豪とは 金持ちと富豪は違う。いいとこに就職して、またはハリウッド映画に出演して稼ぎの多い人は金持ちではあるが富豪ではない。アメリカンドリーム(アメリカでは誰でも成功するチャンスがあるということ)はビバリーヒルズに家を構えるまでの話だ。富豪は富豪同士で結婚し、遺産を相続して巨大な財産が富豪でない階層の人間に分散しないようにしている。日本でお金持ちだと言われている人々は富豪(世界的財閥)とは違う。 アメリカの金持ちと言えばビル•ゲイツことウィリアム・ヘンリー・ゲイツ三世だが、彼が世界経済を牛耳るアメリ... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 22:45

» 共産主義における宗教否定の影響 [連山]
それにしても共産主義の恐ろしさというのは、実際にソ連時代を体験した世代のロシア人でなければとても分からないことだろう。しかも、外側から見れば「ソ連時代」とひと括りにして考えてしまいがちだが、革命後の混乱期だとか、その後スターリン政権下、雪解け時代、ペレストロイカ、など時期によって事情がかなり違ってくるので、それぞれの時代の苦悩というのは一貫性があるようでないのだ。 いずれの時代にも自由がなかったともいえるが、ある時期には緩んだり、また違う時期には厳しくなったり、意外とその辺りは流動性があったらしい。... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 23:48

» 共産主義における宗教否定の影響 [連山改]
それにしても共産主義の恐ろしさというのは、実際にソ連時代を体験した世代のロシア人でなければとても分からないことだろう。しかも、外側から見れば「ソ連時代」とひと... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 13:22

« ブログ通信簿 | トップページ | 『水素文明の夜明け (1)』の一部公開 »