« 日本でもCO2排出量取引開始 | トップページ | 省エネと低燃費 »

2006年4月11日 (火)

水素文明と炭素文明

水素文明の基本式:水素+酸素=エネルギー+水
炭素文明の基本式:炭素+酸素=エネルギー+二酸化炭素
2つの文明の違いは、エネルギーを得るために何を使い、
何が廃棄物になるのかの差でしかありません。
社会を構成する根っこが違うのです。

炭素文明は、主要なエネルギー源を、樹木から石炭、石油と
変えてきましたが、結果として二酸化炭素を発生させます。
人類の活動が大きくなり、地球の温暖化を進めてしまう位まで
なっているのが現状です。
このまま100年続けると、地球環境が相当悪化するため、早急に
見直しが必要です。

1970年代にローマ・クラブから「成長の限界」という本が発表
されてから30年以上経過しました。まだ大丈夫じゃないか、
なんとかなるのではないか、そんな声も聞こえてきます。
それに対する答えは、「地球シミュレーターの予測げ現実になって
も良いのですか?」です。一生懸命やったとして、先日NHKで放送
された位の変化になってしまうのです。

水素文明を作るために必要な技術は、もう実現化しています。
量産化やコストを下げるだけともいえます。
世界中にあるガソリンスタンドって、百年前にはありませんでした。
石油文明の根幹は、20世紀に作られたものです。
水素文明の根幹を21世紀に作れないわけがありません。
(既存のガソリンスタンドが流用できれば、なおよいです)

今を生きる私達の意志と、軌道に載せるまでの資金があれば、
炭素文明(石油文明)から水素文明への転換が行えます。
未来へのページをめくるのは、私達なのです。

橘みゆき  2006/04/11

※参考
原子力文明の基本式
  ウランやプルトニウム=エネルギー+放射性廃棄物
原子力文明のまずいところは、放射性廃棄物の管理を人類が
滅びるまで続けないといけないことです。
原子力は環境に良いという主張に耳を傾けてはいけません。

|

« 日本でもCO2排出量取引開始 | トップページ | 省エネと低燃費 »

「未来図」カテゴリの記事

「水素」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「石油」カテゴリの記事

コメント

tomaryさんも、環境系のブログを作っていらっしゃるのですね。
先ほど、見に行きました。
文章がうまく書いてあるという印象でした。

限られた資源を大切に使う。無駄に使わない。
そういう取組みは、1970年代の石油危機の時、日本が官民上げて
省エネルギーに取り組んだのを彷彿(ほうふつ)させます。
希望的観測ですが、省エネに必要な技術の実用化は、日本人の
得意分野なのではないでしょうか。

橘みゆき  2006/04/16

投稿: 橘みゆき | 2006年4月16日 (日) 23:39

丁寧なコメントありがとうございます!
天然ガスや石炭も石油に変わるエネルギー源として期待されていますね。詳しくは知りませんが、CO2排出量少ない白い石炭があるということを聞いたことがあります。
 電気+水=水素
ですが、その電気はどうやって得られるの?という疑問を持ってしまいます。最終的には、水素を作る際の資源を使う場合と発電する場合のエネルギー効率の差なんかが決め手になるのではないでしょうか?
>>省エネは資源を採掘しているという記事。私もブログで書きました☆よかったらのぞきに来てください☆
 今後の記事も期待しています☆

投稿: tomary | 2006年4月13日 (木) 21:35

tomaryさん、おはようございます。
水素をどうやって作るのかということですが、ご指摘のとおり、
 炭素化合物+エネルギー→水素と二酸化炭素
で、水素を作る方が、水の電気分解よりもコストが安いです。
(発電コストが高いため)
現状は、天然ガスから水素を作るのが主流です。
石油や石炭、アルコールからも水素は作れます。
現在、利用されていない石油の副産物を活用するとコストは
安くなります。
いずれの方法も二酸化炭素が出てしまうため、発電コストを
1/3位に下げて、天然ガス並のコストで水を電気分解する
方法が将来水素を作る主流になるのではないでしょうか。

幸福の式は勉強不足で知りませんでした。欲望が大きい人を
見ると、そういう式が成立しそうです。
(あまり幸せそうでないので)
より少ないエネルギーで多くのことをするには、熱効率などの
エネルギーの効率を上げれば良いことになります。
燃費の良い車に乗れば、使うガソリンを減らせます。
石油価格が上昇することで、代替エネルギーへの切替えや、
省エネルギーの取組みにはげみがつきます。
世の中の動きとしては、資源浪費から資源節約になる方向です。
(スピードうんぬんはあります)

まつえな俊さん、おはようございます。
今後の世界については、京都議定書にみられる温暖化対策が
ちゃんとなされるという前提で、先日NHKで放送された地球シミュレータ
の結果となります。何もしないともっと悪くなります。
映画 Day After Tomorrow みたいになる未来も可能性としては
ゼロではありません。
人類の活動が大きくなりすぎて環境が悪化するようになった
ため、環境に対する影響も考慮する必要が出てきました。
対策が遅れれば遅れただけリカバリが困難になります。

橘みゆき  2006/04/12

投稿: 橘みゆき | 2006年4月12日 (水) 06:27

これから世界はどうなるのでしょうか?

米国:大雨で非常事態宣言 カリフォルニア州
 記録的な大雨が続いている米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事は10日、カラベラス、フレスノなど北部、中部の7郡に非常事態宣言を発令した。

投稿: まつえな俊 | 2006年4月11日 (火) 19:35

そうですね。
でも水素はどうやって作るのですか?
炭素資源+エネルギー=水素
では?

幸せの方程式を知っていますか?
幸福=(財の大きさ)/(欲望の大きさ)

より少ないエネルギーでより多くのことをなす(幸福が得られる)文明へ転換すべきだと私は思いますが、どうでしょうか。

投稿: tomary | 2006年4月11日 (火) 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/1363985

この記事へのトラックバック一覧です: 水素文明と炭素文明:

« 日本でもCO2排出量取引開始 | トップページ | 省エネと低燃費 »