« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月25日 (火)

10Wの燃料電池

ノートPCを駆動する程度の電力を供給する燃料電池を日立マクセルが
発表しました。水とアルミニウムを使うためコストが安いのが特徴。
こういう技術がどんどん発表されることで石油文明から水素文明へ
すこしづつ移行していくでしょう。

橘みゆき  2006/04/25

【日立マクセルのプレスリリースより引用】
http://www.maxell.co.jp/jpn/news/2006/news060424.html
水とアルミニウムを水素発生源とした燃料電池を開発
~10ワット級の燃料電池をモバイル電源で実証~
2006年4月24日

日立マクセル株式会社(執行役社長:角田 義人)は、水とアルミニウム
との反応による水素発生システムを確立し、このシステムを水素発生源
とした燃料電池を開発いたしました。さらにこの燃料電池を使用した
10ワット(W)級モバイル電源の開発に成功し、ノートPCを動作させる
ことができました。

 近年、モバイル機器の小型軽量化・高性能化が進み、主電源である電池
の性能向上が求められています。また、資源の有効利用や環境保全のため
のクリーンエネルギーとして、次世代電源である燃料電池に対する期待が
高まっています。現在、開発が進められている燃料電池として、メタノール
を燃料とする「直接メタノール形燃料電池(DMFC)」や、高圧ボンベなど
の水素を燃料とする「固体高分子形燃料電池(PEFC)」などがあります。
しかし、DMFCでは出力の低さとメタノールクロスオーバー*1という課題が、
PEFCでは改質装置および高圧ボンベによる複雑な機器およびコスト高などの
課題があります。
 今回開発した燃料電池は、水とアルミニウムとの反応による水素発生システム
を利用したPEFCです。水とアルミニウムとの反応による水素発生システムは、
国立大学法人室蘭工業大学渡辺正夫教授の研究に端を発しておりますが、
マクセルはさらなる検討を加え独自のアルミニウム微粒子化プロセス技術の
開発に成功しました。これにより、室温で1グラムのアルミニウムから1.3
リットルという大量の水素発生が可能となりました。また、アルミニウムは
安価で環境に優しい材料です。将来的にはアルミニウム廃材をリサイクル利用
するなど、資源の有効活用も期待できます。加えて、燃料電池の
キーコンポーネントである膜-電極接合体(MEA)もマクセルが独自に開発しま
した。磁気テープで培ったコア技術「分散・塗布技術」を活用し、室温で
280mW/cm2とMEAとして世界最高レベルの出力密度を達成しました。これは、
DMFCの5倍(当社比)の出力で、MEAの面積を五分の一にできます。
 これらの開発により、現在10W級 のモバイル電源を実可動させることに
成功し、ノートPCを設計通り動作できました。

 今回開発した燃料電池は、10~100W級の電源として用途の検討を進めて
います。今後、実用化に向けてさらなる開発を進めてまいります。

*1 メタノール燃料が電解質膜を通過する現象で、燃料ロスとなるばかりで
なく、透過したメタノールの酸化反応により電圧低下や発熱の原因となる。

主な特長

水とアルミニウムを水素発生源とした10W級のモバイル電源を開発
水とアルミニウムとの反応による水素発生システムを確立し、このシステムを
水素発生源とした固体高分子形燃料電池を開発しました。今回、この電池を
用いて、10W級のモバイル電源を実証いたしました。アルミニウムカートリッジ
と水カートリッジを交換することでノートPCや非常用電源などを長時間稼動できます。

独自製法のアルミニウム微粒子により、室温で理論限界に近い大量の水素を発生
独自製法のアルミニウム微粒子化プロセス技術の開発に成功しました。この
アルミニウム微粒子に水を加えることにより、室温で1グラムのアルミニウム
から1.3リットルという理論限界に近い大量の水素発生が可能となりました。

出力280mW/cm2と、直接メタノール形燃料電池の5倍(当社比)を達成
マクセルのコア技術である「分散・塗布技術」の活用により、室温で280mW/cm2
と世界最高レベルの出力密度を得ました。この出力は、直接メタノール形
燃料電池の5倍(当社比)となります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年4月23日 (日)

水素は未来の燃料

石油相場高騰を受け、米国でも燃料電池車の取組みを強化する
ことになりそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060423-00000033-jij-int
燃料電池車の普及急げ=「水素は未来の燃料」-米大統領

【ロサンゼルス22日時事】
 ブッシュ米大統領は22日、カリフォルニア州にある水素を使った
燃料電池車の促進団体を訪れ、「水素は未来の燃料だ」と語り、
燃料電池車の普及を急ぐ必要があると強調した。
米国内では、ガソリン相場高騰でブッシュ政権批判がくすぶって
おり、批判の矛先をかわす狙いもありそうだ。 
(時事通信) - 4月23日15時0分更新

橘みゆき  2006/04/23

| | コメント (1)

2006年4月18日 (火)

原発のお話

4月14日の記事に、チェルノブイリのNHK特集のことを書いたところ、
Nobuo Kasaiさんのブログ、SENZA FINEにトラックバックがされて
いました。

SENZA FINE は、浜岡原発を止めようという主張を全面に出して
いる「ストップ浜岡原発」のサイトにリンクされていたので時々
アクセスして原子力関連のコラムを読んでいます。
(ストップ浜岡原発のサイトはこちらです)
http://www.stop-hamaoka.com/

もともとは東海地震が発生した場合、どのような被害が日本に出る
のかを調べているときに、たまたま見つけたHPでした。

このサイトに浜岡原発がメルトダウンした場合、どのように放射能が
拡散していくかのシミュレーションが掲載されています。
かなりショックですが、東海地震が来たとき、こうなる可能性が
ゼロではありません。

http://www.stop-hamaoka.com/simulation.html
その時どうなる?! 
 シミュレーション「浜岡2号機がメルトダウン」
……した場合の放射能拡散分布
【 シミュレーションの状況設定 】
■事故想定:突然、1~4号炉のうち2号炉がメルトダウン事故(BWR1タイプ)。
■事故原因:ミサイルテロ、東海地震、等考えられるが、ここでは特定しない。
■風向き:多くの場合、御前崎から首都圏に向かう南西風(偏西風)
■日時:実測の大気データ2002年8月9日で拡散した場合

また、SENZA FINE に掲載されている原子力ミニコラム 第74回
(2006/02/04)に、青森県の六ヶ所再処理工場から漏れる放射能で
三陸海岸が汚染されてしまうという図が紹介されています。
http://senzafine.livedoor.biz/archives/50311635.html

これら2つの未来予測図を見ると、原子力発電はなんという大きな
リスクを抱えているのだろうかと、誰の目にも明らかです。
大事故が起こる前に止めてしまうのが一番なのですが、それには
原子力発電所で発電するのと同じ量の電力供給が必要です。
私が水素エネルギーに希望を見出したのは、これら2つのサイト
のシミュレーションがきっかけといえます。

橘みゆき  2006/04/18

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年4月16日 (日)

南の島で燃料電池車の実験を

水素エネルギーに関する本(最後に紹介しています)で、
燃料電池車の技術上の課題は、燃料としての水素うんぬんも
あるが、氷点下での運転をどうするかが一番の課題とのこと。
水素を燃やすと水ができます。その水が凍ってしまうとシステムが
止まってしまいます。
寒冷地のPCみたいにヒーターで常に暖めておけばよいのですが
それだと運用コストがUPしてしまいます。
ということは、冬でも氷点下にならない場所ならば良いことですね。
日本でも伊豆半島や房総半島南部などは氷点下になる期間が
短いのでそこでも可能です。
地域限定でどうぞ。。観光地みたいですね。

燃料の補給(水素の補給)なしに運転可能な距離がそんなに長く
ないという制約を考慮すると、東京23区や伊豆大島程度の広さが
ある島で、燃料電池車をどんどん走らせれば、一年中走れるし、
観光名所にもなるのではないでしょうか。
「●●島に来て、未来を体験しませんか?」なんていうキャンペーン
をはれば、世界中から珍しいもの好きな人達が集まります。
日本なんかだと、いろいろ規制があるから、グアムやサイパン、
シンガポールあたりで島めぐりをすればOK。
燃料電池車の実験は、暖かい南の島向きです。

水素はどうやって作るって?
貿易風が年中吹いているから風力発電あたり。。かな?
いつも晴れているなら太陽発電でもできそうですが。。。

橘みゆき  2006/04/16

「水素エネルギー革命」-飛躍する燃料電池-
駒橋 徐 著(日刊工業新聞社)
初版2002年12月13日
ISBN4-256-05050-4  C3034 \1500E

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセス1000達成

 本ブログのアクセス情報をみたところ、昨日22時台にアクセス数が
1000に達成しました。
いつもアクセスしていただき、ありがとうございます。

ブログの開設が3月13日でしたので、ほぼ1か月かかりました。
これからも、いろいろ書きますので、ご期待願います。

コメントやトラックバックについては、お気軽にどうぞ。
???というものは、適宜削除いたします。ご容赦願います。

たまーに1日100以上のアクセスがある日もありますが、普段は
管理人の性格に似たのか、アクセスカウンタものんびりしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

NHK特集でチェルノブイリを放送

 チェルノブイリ原発の事故から、もうすぐ20年が経過します。
急ごしらえで作った石棺がボロボロになっている中、住民がどんどん
ガンなどで亡くなっています。
広範囲な地域で立ち入り禁止となり、さながち自然保護地域です。
原子力発電所から放射能が広範囲にばらまかれた場合、長期間に
わたって、ひどい影響が残ります。
原子力発電のメリットよりもデメリットの方がよほど大きいのではない
でしょうか。明日はわが身という観点で番組を見ると良いでしょう。

橘みゆき  2006/04/14

【番組紹介】NHKのHPより
http://www.nhk.or.jp/special/onair/060416.html
本放送:4月16日(日) 午後9時~9時49分 NHK総合テレビ 
再放送:4月18日(火)深夜【水曜午前】0時~0時49分

汚された大地で -チェルノブイリ 20年後の真実-(仮)

史上最悪の原発事故からこの4月で20年、人々の苦しみは続いている。
というよりむしろ悪化している。ウクライナにある、放射線を浴びた人々が
集まって暮らすアパートでは、がんなどの重病患者が増加、毎週のように
死者が出ている。さらに大量の放射性物質がまき散らされたベラルーシ
では、ヒロシマ・ナガサキでは否定された「遺伝的影響」が報告された。

一方、20年の節目にIAEA(国際原子力機関)などからなる委員会が
まとめた報告書によれば、事故で放出された放射線を浴びたことによる死者
は全部で60人足らず。健康被害の多くを、「被曝の影響とは言えない」と
して退けた。患者の支援者などからは「問題の幕引きをはかる過小評価」と
批判されている。

「いまだわからないことばかり」とも言われる放射線の人体への影響。
広島の医師や研究者も加わって、暗中模索の事実解明、因果関係の究明が
続けられている。

最新の動きを追う中で、「汚された大地」で本当は何が起きているのか
明らかにしていく。

【関連記事】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060412-00000237-kyodo-int
ベラルーシの23%が汚染 チェルノブイリ原発事故

【モスクワ12日共同】
 ベラルーシのシドルスキー首相は12日、同国議会での報告で、
今月26日に発生から20年を迎えるチェルノブイリ原発事故による
放射能で同国の国土の23%が汚染されたと述べた。
インタファクス通信が伝えた。
 首相によると、事故により同国の耕地の5分の1、森林の22%が
汚染された。政府は放射能汚染対策のため、1989年から現在
までに計177億ドル(約2兆900億円)の支出を余儀なくされた。
 マルティノフ外相は、昨年1年間に米国、ドイツ、スイスなど
約100カ国から計7000万ドルの援助を受け取ったと報告した。
 事故は1986年、ベラルーシ国境に近い旧ソ連ウクライナ共和国
北部で発生。
事故で放出された放射性物質の約70%がベラルーシ領内に降り
注いだとされる。
(共同通信) - 4月12日23時0分更新

| | コメント (1)

2006年4月13日 (木)

省エネと低燃費

石油を効率よく使う技術は、新たな油田を発見したのと同様のことを
もたらします。車で100km移動する場合、10km/Lの車では10L必要
ですが、25km/Lの車だと4Lで済みます。6L分の石油が節約できた
ので別の用途に使えます。

4/11の記事「水素文明と炭素文明」に対するコメントとして少し
書きましたが、省エネの取組みをすることは、燃料代を節約できる
ため、石油価格が高い時期は、いろんな技術が実用化されます。
1970年代のオイルショックでは、日本は官民あげて省エネに取組み
ました。同時期に公害問題にも取り組みました。環境に対する技術
が花開いたわけです。
2000年当時、石油は10ドル台でしたが、現在は70ドル直前です。
これだけ価格が高騰しているため、石油以外のエネルギーに注目が
集まります。
また、低燃費の車を売っているGMが低迷し、燃費の良い日本車が
北米市場で売れまくっているのも、ガソリン代が高いためです。
石油を使う効率を上げることは、新たな油田を開発するよりも効果
が得られるため、世界各国でしのぎを削っているのが現状です。

橘みゆき  2006/04/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

水素文明と炭素文明

水素文明の基本式:水素+酸素=エネルギー+水
炭素文明の基本式:炭素+酸素=エネルギー+二酸化炭素
2つの文明の違いは、エネルギーを得るために何を使い、
何が廃棄物になるのかの差でしかありません。
社会を構成する根っこが違うのです。

炭素文明は、主要なエネルギー源を、樹木から石炭、石油と
変えてきましたが、結果として二酸化炭素を発生させます。
人類の活動が大きくなり、地球の温暖化を進めてしまう位まで
なっているのが現状です。
このまま100年続けると、地球環境が相当悪化するため、早急に
見直しが必要です。

1970年代にローマ・クラブから「成長の限界」という本が発表
されてから30年以上経過しました。まだ大丈夫じゃないか、
なんとかなるのではないか、そんな声も聞こえてきます。
それに対する答えは、「地球シミュレーターの予測げ現実になって
も良いのですか?」です。一生懸命やったとして、先日NHKで放送
された位の変化になってしまうのです。

水素文明を作るために必要な技術は、もう実現化しています。
量産化やコストを下げるだけともいえます。
世界中にあるガソリンスタンドって、百年前にはありませんでした。
石油文明の根幹は、20世紀に作られたものです。
水素文明の根幹を21世紀に作れないわけがありません。
(既存のガソリンスタンドが流用できれば、なおよいです)

今を生きる私達の意志と、軌道に載せるまでの資金があれば、
炭素文明(石油文明)から水素文明への転換が行えます。
未来へのページをめくるのは、私達なのです。

橘みゆき  2006/04/11

※参考
原子力文明の基本式
  ウランやプルトニウム=エネルギー+放射性廃棄物
原子力文明のまずいところは、放射性廃棄物の管理を人類が
滅びるまで続けないといけないことです。
原子力は環境に良いという主張に耳を傾けてはいけません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

日本でもCO2排出量取引開始

日本でも企業が排出するCO2の排出量取引が開始されました。
現在のところ、CO2の価値は既存のマネー(円やドル、ユーロなど)で
定義されていますが、電子マネーの形にしてしまうと、新たに信用創出が
できるのではないでしょうか。
そんなことを考えながら、以下のニュース記事を読みました。

橘みゆき  2006/04/10

※話の展開上、ずっと後で出そうと思っていたのですが、
 ニュース記事として新鮮な方が良いと判断して、本日書きました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060407-00000013-mai-soci
<温室効果ガス>企業間排出量取引が自主参加で開始 環境省

 温室効果ガス削減のため、企業の自主参加による国内初の二酸化炭素
(CO2)の排出量取引制度が6日、始まった。実際にCO2排出量に
値段がついて取引が成立するのは、今月下旬以降になる見通し。
 今回の制度は環境省が主導。化学、食品、流通などの大手や中堅企業32社
が、同省から補助金を受けて省エネ設備を導入し、自主目標でCO2削減を
図る。目標以上に削減できた企業が排出量を他社に売ったり、逆に目標達成
が難しい企業が他社から排出量を購入して削減したとみなす。32社のほか
に、排出量取引のみに参加する企業が8社ある。
 この日は、取引に必要な排出量の「口座」の開設が始まったほか、各企業が
希望する売買価格や排出量を専用のホームページで公表し、売買成立を
手助けする「市場」機能の説明会が開かれた。ある参加企業の担当者は
「万が一、目標が達成できそうにない場合に備えて取引制度に参加した」
と話した。
 欧州連合(EU)で昨年から始まった排出量取引では現在、CO2が
1トンあたり27~28ユーロ(約4000円)で取引されている。しかし
EUの制度は各企業ごとに強制的に削減目標が定められており、自主参加、
自主目標の国内制度とは異なる。【江口一】
(毎日新聞) - 4月7日3時11分更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

東京大震災ドラマの感想

4/3に放送された番組に対する感想を、4/3の発言に対する
コメントとして書いたところ、何人かの方に、コメントではなく発言
に載せた方が良いと指摘されたので、再掲載します。
(掲載したのは、4/7未明ですが、コメントした4/4の発言とします)
**********

防災力を高める番組でした。

せっかくトラックバックしていただいた方もいらっしゃるので、
コメントを書きます。
※本ブログの話題と直接関係しませんが、未来を予測する力を
 つけることと、それに対処する案を考え、実行するという態度は
 とても大切なことだと私は考えています。

橘みゆき  2006/04/04

いろんな要素を詰め込みすぎて、全体がぼけてしまった印象です。
首都圏直下型地震はいつ来てもおかしくありません。
政府広報の番組なのでしょう。
災害時は、警察も消防も自衛隊も絶対数が足りません。
助けてくれるとすれば、顔見知りの近所の人達でしょう。
誰かが助けてくれるの求めるのではなく、自らができることをするのが基本です。
地域で火事を消している場面や、人命を救出している場面がもっと多く
あればよかったと思います。
また、自らのことを優先するが故に大混乱したり、略奪が起こったりする
場面をもっと全面に出すべきでしょう。
災害の後、人として見るに耐えない状況が展開されるはずなのですが、そういう
場面はTV的によくないので削除されたのでしょう。
だとすれば、うそくさくても、みんなで助け合って困難を乗り切りましたと
声高々に作れば、それはそれで良かったのではないでしょうか。
なんか、中途半端な感がある番組でした。

せっかくだから、地震の準備でも書きましょう。

自宅でできる対策(思いついた順番)
(1) 重い家具や本棚、食器棚が倒れないように転倒防止対策を行う。
(2) 家族がいる場合、緊急連絡のやり方を再確認する。
(3) アウトドアとしても使えるような防災用品を用意する。
(4) 手回しタイプのラジオで携帯電話の充電ができるものは便利です。
(5) 風呂の水は捨てずに水をはったまま。飲めなくても他に使えます。
(6) 3日分の食料と水(1人3L/日)
(7) 賞味期限が来る前に、保存食を食べるついでに防災チェックをする。
(8) 救急箱に消毒薬、バンドエイド、きず薬、胃腸薬、ガーゼと包帯など基本的な
アイテムをばっちり用意する。

近所で助け合うとか、お互いに声を掛け合うなど、近所つきあいを
ちゃんとしましょう。地域の防災力が一番の要となります。
自治会で開催する防災訓練にも積極的に参加しましょう。
トン汁を作ったり、アルファ米の非常食を食べたりして楽しいですよ。

おすすめは↓
阪神大震災の被災者に聞いたお話では以下のものが役に立ったそうです。
経験者の話なので、貴重な意見だと思います。
(1) 携帯用トイレと使い捨てオムツ
(2) 皿が洗えないので、サランラップ
(3) 消臭剤(体用、部屋用)
(4) 保険証や免許証のコピー、クレジットカードや銀行口座番号の控え
(5) 高血圧や糖尿病の薬(処方箋のコピー)
(6) 皮手袋と防塵マスク
(7) 酒やビール
(8) 写るんです(自宅の被害を記録するため)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

東京大震災のドラマ

この記事は環境とは直接関係はありません。

TV番組表をなんとなく眺めていたら、日本テレビで、4/3(月)
21時15分より23時24分まで平成18年春に東京大震災が発生
したらどうなるかというシュミレーションドラマがオンエアされること
がわかりました。
備えあれば憂いなしですし、将来予測のデータとしても役に立ちそう
です。ぜひ見てくださいませ。

橘みゆき  2006/04/03

http://www.ntv.co.jp/earthquake/index.html

【ストーリー】
東京の湾岸地区・汐留にある地上32階地下4階の高層ビル・日本テレビ。
中では、今日も各フロアで関係者たちが慌しく働いていた。28階の一室では、
『九死に一生スペシャル』の制作会議が行われていた。出席していたのは、
番組プロデューサーの児山謙一郎(西村雅彦)、アシスタントディレクターの
水野はる奈(内山理名)ら制作の担当者と、関東大震災を実際に体験した
92歳の藤田平助(長門裕之)。番組ディレクターの川島みのる(石黒賢)は、
会議を欠席し会社を出ようとしていた。実は、臨月の妻・なつみ(中島史恵)
から、陣痛が始まったとの連絡が入り、産婦人科病院に向かうところだった。

仕事を終えたアナウンサーの西尾由佳理(本人)が帰宅する中、5階の報道
フロアでは、人事部員に引率された6名の新入社員が社内見学をしていた。
時刻は17時4分。『Newsリアルタイム』(4月から。現・ニュースプラス1)
生放送中のスタジオでは、キャスターの笛吹雅子(本人)と近野宏明(本人)が
発生した宮城県沖を震源とする震度6弱の地震の速報を伝えている。この地震
の東京での震度は3。実験中の『緊急地震速報システム』も、正確にその数値
を示していた。

28階の会議室では水野たちに藤田が、今起きた地震と、関東大震災との揺れの
違いなどを話していた。この日、児山は娘の誕生日だったことから、早めに帰宅する
予定だった。家では、児山の妻が誕生パーティーの準備の真っ最中。住宅地に
ある自宅マンションに着いたのは西尾。部屋着に着替えた西尾は、ドライヤーで
髪を乾かしていた。医院に着いたものの、助産婦から妻の陣痛が治まったと聞いた
川島は、再び汐留に戻るために電車に乗っていた。新入社員たちは、研修を終え
エレベーターに乗って帰宅するところ。
そして、『Newsリアルタイム』では、次のニュースが伝えられていた。それぞれの
日常。そして…報道局アシスタントディレクターの西川透(賀集利樹)が突然点灯
した『緊急地震速報システム』のモニターに『震度7・震源地東京・残り1秒』の
文字をみつけたその瞬間 ―

18時30分 大地震発生。

その時、突然、日本テレビの社屋が激しく揺れ始めた。東京を震源とする震度7の
大地震が発生したのだ。
夜がふける中での停電、電話は不通、救助は足りず、人々はパニック状態に陥る。
その時、あなたは、家族は…生き残るために備えておくこと、知っておくべきことは
何か。シミュレーションドラマを通して巨大地震への対策を訴える。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »