« レスター・ブラウンのプランB | トップページ | 2450年までの温暖化予測 »

2006年3月15日 (水)

プランBを要約した本

「プランB-エコ・エコノミーをめざして」(レスター・ブラウン著)を読むのが
350pもあってしんどい。要するに何が問題でどうすれば良いのか要約
してほしい方に向いた本が本屋に売っていましたので紹介します。
新書なので電車の中でも気軽に読めるでしょう。

ウェッジ選書20で新書サイズ168p。1400円+税で割安です。
「地球環境 危機からの脱出 -科学技術が人類を救う-」
(編著者:レスター・ブラウン他)が要点をまとめています。

この本は、2004年11月09日、帝国ホテル東京において開催された
「高速鉄道国際会議2004 -東海道新幹線開業40周年-
 『地球の未来のために』-高速鉄道は何ができるのか-」
の第一部「科学技術は地球文明を救えるか」を採録したものです。
本の構成は
 第一部 持続可能な社会に向けて (p9-p47、この部分が要約)
 第二部 閾値を超える日が来る前に
 第三部 科学技術は地球文明を救えるか

橘みゆき  2006/03/15

【参考文献】
ウェッジ選書20
書名:地球環境 危機からの脱出 -科学技術が人類を救う-
編著者:レスター・ブラウン、デヴィッド・ハウエル、黒川清、薬師寺泰蔵、
     十市勉、植田和弘、藤島昭、松井孝典
発行所:株式会社ウェッジ http://www.wedge.co.jp/
ISBN4-900594-85-7 C0330 \1400E
定価:本体1,400円+税
初版2005/07/29

|

« レスター・ブラウンのプランB | トップページ | 2450年までの温暖化予測 »

「未来図」カテゴリの記事

「温暖化」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/1039448

この記事へのトラックバック一覧です: プランBを要約した本:

« レスター・ブラウンのプランB | トップページ | 2450年までの温暖化予測 »