« 水の節約 | トップページ | 燃費のよい車達 »

2006年3月29日 (水)

産油国の水事情

【要約】
 産油国UAEでは1本の木に年間1000ドルかけて水を与えている。
 まともに小麦を作ったら1キロ当たり20万円分の水が必要。

UAEに仕事で行ったことがある友人から聞いた話です。
中東の観光と金融の中心となっているドバイでは、道に生えている
木に、どんどん水を与えて枯らさないようにしています。
そのコストは木1本あたり、年間1000ドルもかかるそうです。
日本では考えられない話ですね。
水1リットルの値段がガソリンよりも高い国なので、そうなってしまう
のでしょうが、こんなことができるのもオイルマネーのおかげです。

仮に水1リットルを100円とすると、小麦1キロ作るのに2トンの水を
使った場合、小麦1キロ=20万円という商業ベースでありえない
価格に跳ね上がります。ゴールド1キロ約220万円、シルバー1キロ
4万5千円と比べてみたくなります。
近所のスーパーで売っている小麦粉1キロの袋はいくらでしょうか?

中東の産油国で農業をやる場合、仮に小麦1キロ=500円位を
めざすとすると、水のコストを1/400まで下げる必要があります。

納豆樹脂を使って保水力を向上させ、使う水を1/4に節約できた
として、1リットル=1円。
通常の技術では砂漠では農業ができない。石油を輸出して稼いだ
お金で、食料を輸入しようという経済行為を通常は選びます。

水が事実上無料だったら? たとえば、無駄に捨てられていたゴミ
から水素を作って、燃やして水を得られるのなら、自国で生産した
方が安いし、遊牧民も農業をして生活をすることができます。

そんな技術があるのなら、産油国は喜んで砂漠を緑化するでしょう。
できるはずがないと誰もが思いますが、それを実現する人達が
現れたら、少なくとも水不足と食料不足は解消されます。

橘みゆき  2006/03/29

|

« 水の節約 | トップページ | 燃費のよい車達 »

「水」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「石油」カテゴリの記事

「食料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66792/1201354

この記事へのトラックバック一覧です: 産油国の水事情:

» 砂漠と緑化 [遠州バイオ塾のぶろぐま]
イワダレソウの乾燥地緑化へ応用する。ドキュメンタリー「夢の扉」(TBS系)が昨晩(2006-10-22)放映された『雑草で世界を救う!砂漠に広がる脅威の花で地球を緑化したい』 倉持仁志。 「砂漠に緑を」を目指すProjectが集中した時代に倉持さんと同じコピーで...... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 14:13

« 水の節約 | トップページ | 燃費のよい車達 »